Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/07/2007

EDITING 8

いよいよ8mmフィルムの編集が始まりました。

デジタルと違って、1本しかないフィルムを手で直接触りながら切って、貼って、繋ぎます。

幅がたった8ミリしかないフィルムです。

しかも一度間違えて切ると元には戻せない。

たしかに慣れないヒトにはスリリングな作業です。

いまやデジタル全盛で、小さなDVカメラでも美しい映像が写せる時代に、なぜわざわざ8mmを?

と思うかもしれませんが、
その理由は8mmフィルム独特の映像の質感。

はっきりいって、解像度わるく、不鮮明です。

でも、そこが美しい。


ぼくはノイズ、揺れ、歪みといった不安定なモノが好きで、美しいと想うんです。

いまのデジタル技術はむしろそうした部分を排除しようとしてますね。

でも、自然のものはそんなに正確な形状をしていないし、歪んでいたり汚れていたり、揺れているんです。

ヒトの顔だって、どんな美人でも左右対照なんてあり得ないし、完璧ではない。

だから、美しいと想えるんです。

それが自然だから。


ぼくの8mm映画では、そんなノイズ、揺れ、歪みが強調されています。

それらを強調する技術を使っています。

それは「偶然性」「乱暴さ」といった技術です。

それによって、映画は異世界を描きます。

いえ、心の世界です。

ぼくの8mm映像は、ぼくの心の影像です。

ノイズ、揺れ、歪みこそ個人の表現であり、魂の息吹きです。

だから表現者として、不安定な8mmにこだわるのです。

「美しさとは痙攣である。そうでなければ存在しない」(アンドレ・ブルトン)

23:37

コメント

8mmフィルムは時代を感じますね。どこかで過去にみたことあるような気がするんですけどね。
そして最近、手塚プロ製作のアニメがなくて寂しいです。
できればリボンの騎士とかリニューアルして欲しいですよ。

声優さんなんか女の人でも男っぽい声を出せる人もいますし。

投稿者:
Dec 8, 2007 10:03:41 AM

痛い痛い!!(泣)

――足がつっぱったのです。そうとう痛いです。
足に心があるとすれば、今そうとう私を恨んでいることでしょう。…いや絶対恨んでいます!

こんなに痛いんですもん!!

と言うのも、8日9日と東京を歩き回ったからです。ただでさえ運動不足なのに、しかも!慣れない地、東京で。
でも、ファン大会は、(――特に、B・Jスペシャルトークショーは)楽しかったです。
生アフレコも、手塚さんがアニメB・Jで最も心に残っている場面にB・Jとふたりの黒い医者を選ばれたことも、とても心に残っています。
あんなに楽しかったんだから、きっと足の筋肉も許してくれるでしょう。

追伸

あのB・Jの映画を観に行く予定だった日に、母が車をぶつけてしまったんです。で、結局観られなかったんです(泣)だけど映画を見た後にどんなにいっぱいグッズを買ったってこのDVDをもらった時の喜びには及びません!!

投稿者:
志貴
Dec 9, 2007 11:34:00 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム