Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/18/2007

AFTER8

で、どうなったかといえば。

(前回の続き)

夕方5時に最後のフィルムがあがる予定だったので、スタッフが現像所に取りに行き、編集中のぼくのところへ届けてくれる、

予定になってました。

時間節約のため。


ところが!

スタッフの乗った鉄道で人身事故が起こり、
(なんと)
電車が停まってしまった。

現像所の窓口は6時まで。

駅のタクシー乗り場は長蛇の列。


うわ〜〜っ。

このままではフィルムが届かない。


つまり、完成しない。


どうしよう〜。

と、悩んでもいる暇もない。

作業は続けなければ。

6時寸前、やっと電車は動く。

事務所スタッフの連携プレーで現像所には連絡を入れてもらい、なんとか遅れてフィルムはゲットされる!

夜8時に手元に届く。

ああ!

よかった!!


と、喜ぶ暇もなく、新たなフィルムを試写。

すると案の定、新しい構成アイデアが浮かび、それまでに編集を終えていた8割の場面を入れ替えてしまう。

カットしていた場面も復活させて、大幅な修正。

寝る暇もないというのに、つい粘ってしまう。

作り手の性(サガ)というかエゴというか。

だって、悔いが残るよりいいでしょう。


結局、編集が終わったのが午前3時。

さあ、今度は録音です。

8mmはデジタルみたいに簡単に音をつけられない。

フィルムを映写しながら、タイミングを見てリアルタイムに音をつけてゆく。

ちょっとズレたら、また最初からやり直し。

一番好いタイミングに収まるまで、何度でもやり直します。

3分進んでやりなおすには、3分かけて巻き戻し・・・ という苛々しそうな作業を繰り返す。


納得できる限界の時間で、午前10時。

録音終了。

12時30分までに会場へ行かねばならない。

あわてて風呂に入る。


会場のイメージフォーラムは渋谷。

ウチは練馬区。

正味1時間。


少し遅れて1時に到着。

すぐに授業を開始する。

眠いので、話しにサービスがなく、ひたすらマジメな講義。

午後4時。それが終わると、会場の片隅でこれから上映するフィルムのクリーニング。

8mmはゴミとか埃がつきやすく、上映するとかなり目立つので、それを拭き取るのです。

これまたフィルムを手でゆっくり巻きあげながらの作業。

数時間かかってしまう。


こうして、夜7時30分の上映に、間に合いましたよ。


なんか、1分の隙間もない進行でした。

疲れました。


と、まだいっていられない。

上映はパフォーマンス的なライブトークを交えてやります。

客席の真ん中に設置された映写器で、20歳のときに作った習作を自ら上映してスタート。


そんな上映プログラムが、2日間に3回。


そして初日が終わり、夜中に帰宅してからは、翌日に上映する作品の編集と録音が待っている。


8mmは、ひとり過酷です。


それでも8mm上映は自分の古巣というか、生まれた家に戻った気分。

ホッとします。


作品は、新作も昔のものも、どれも最高に自分らしくて、
大好きなんですよ。

01:56

コメント

間に合って良かったですね(*^_^*)

投稿者:
Dec 19, 2007 7:04:18 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム