Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/28/2007

DAY LAST

今日は事務所は年末の仕事納め。

無事・・・に年賀状も出し終わり、落ち着いた静かな年末です。

そして手塚プロも忘年会。

ということでウチのスタッフも手塚プロに参加して合同忘年会です。

お世話になっている関係各社など、今年は盛況で、なんと600人もの参加者が訪れました。

人、多いです。

ひさしぶりに『ブラック・ジャック』チームも揃って、それなりに盛り上がりました。


その後はモデルでデザイナーのチカチカちゃん誕生会に流れました〜。

クラブ系の人たちがいて、こちらはこちらで楽しい集い。


こういうときに手塚プロの手塚と、ヴィジュアリストの手塚を微妙に使い分けるのも、面白くはあります。


それにしても飲み過ぎだけれど。

00:28

コメント

年賀状を書き仕上げましたか。お疲れ様です。
郵便局でバイトをしている人たちは大変かもしれませんが(笑)忘年会ですかぁ~いいですね。私も手塚プロに入りたいなぁ。だって手塚さんに会えるから。ブラック・ジャックチームも揃ったんですね。またブラック・ジャックのアニメがあったら、ブラック・ジャック先生のめぐり会いがアニメ化して欲しいものです。あとピノコ西へ行くなんかも。あ、でもピノコ西へ行くはEDのシーンでもよくにた絵があったような…EXILEの歌で。やっぱルパン三世みたいに、随時でブラック・ジャックもアニメ放送してくれないのかな。

投稿者:
Dec 28, 2007 12:05:34 PM

5:00過ぎても眠れませんでした!夜中からず~っと布団の中でじっとしてたのに。

もしかして、自分の睡眠に影響を与えるほどの精神的苦痛が知らないうちに出来ているのかも。
でも、冬休みの宿題が終わらないのも、転校した友達の住所が分からなくて年賀状が出せていないのも…受験が不安なのも…祖父と最近なぜか会話がないのも、あれもこれも苦痛!と、数え上げればきりがないし、益々眠れません。
学生がこんな感じなので、手塚さんのような社会人の方はお仕事など、いろんなことで苦痛を感じるかもしれませんが、頑張って下さい!

投稿者:
志貴
Dec 29, 2007 5:57:31 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム