Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/01/2007

BLUEMAN

ブルーマングループの公演を観ました。

アメリカ発の、青い顔の3人組のボードビル・ショーです。

今日から始まる2ヶ月間の第一期興行はチケット即日完売だそうで、

来年2月からの第二期のチケットがやはり今日から発売開始。

日本初演ですが、すごい注目度ということなんでしょうか。

観たいというヒトがけっこういます。

実際アメリカでは以前から人気らしいです。

内容は、いかにもアメリカ人がはしゃぎそうな、

巨大な宴会芸、

ですね。


このために作られた大がかりな特設ステージには様々な仕掛けがほどこされていて、

それでちょっとしたくすぐりをランダムに展開します。


80年代からいろいろなパフォーマンスを目撃してきた経験でそれを眺めていると、つい冷めた目で見てしまうのですが、
なにかすべてが仕掛けに思えてきてしまいます。

3人といっているけれど、実際は6人くらいいるんじゃないかとか(顔が青いからわからない)、
チケット完売というのも実は宣伝の仕掛けじゃないか、とか。

単なる邪推ですので、根拠ありませんが。


芸はちゃんとやるのですが、全体にいかがわしいというか、インチキ臭いというか、

なんか騙されたような気分になるのは、
プロジェクト全体のスケール感と内容にチグハグな印象があるからでしょうか。

これが六本木の巨大特設ステージではなくて、渋谷とか池袋の小ぶりのイベント・スペースであれば、また印象は違うかもしれません。

似た印象があったのが、以前みた「グレゴリー・コルベール写真展」。

写真自体はコンセプトも明確できれいなのですが、会場となった台場の特設美術館の、無用に思える巨大スケールが、作品の背後に落ち着きの悪い経済的な構造を感じさせてました。


しかし期待して見に来てつまらなかったとか、好みではなかったからといって、怒るのも無粋というもの。

よく「つまらなかったから金かえせ」みたいなことを言うヒトがおりますが、そもそも入場料というのは木戸銭で、劇場に入るために払っているので、作品の内容じゃないんですね。

あれは「お楽しみ代」じゃないんです。

映画なんか最たるもので、制作費がいくらだろうが、大作だろうが小品だろうが、一律1800円でしょう。

劇場のために払っているわけで、作品は実はただで見ているのです。


見せ物小屋の気分というものがあります。

最近は減りましたが、かつては縁日に見せ物小屋はつきもので、
「世界でひとつの貴重な」とか「見ないと一生の不覚」とか、センセーショナルな口上に釣られて木戸銭はらって入ると、まあ、だいたいはがっかりするというか、あきれてしまうような出し物なワケです。

板に血が塗ってあって「オオイタチ」とかね。
だいたい「ニセもの」で、くだらないんです。

でもそれは縁日という「場」を盛り上げているワケで、
見せ物小屋はむしろそのインチキ臭さが大事です。

逆に、そこに「本物」があったら仰天しちゃいます。

これが国立博物館であったり国際フォーラムあたりで、新聞一面広告だのテレビCMだのを多量に打って数千円のチケットを予約させて、中身が見せ物小屋だったら、ちょっと問題あります。

つまり作品以上に「場」が大切で、

縁日のにぎわいの中で射的やら金魚すくいやらと並んでいる見せ物小屋はひとつの風物で、馬鹿馬鹿しさが身上なんです。

どんなに中身がインチキでつまらなくても、その「場」を面白がろうという気分が大事なんですね。

騙されてやろう、という気分です。

その「場」の空気を読むまでが難しいときもありますが。


ブルーマンは、そこがちょっと難しかった。

シルク・ド・ソレイユとかカッパーフィールドのイリュージョンとかを想像すると、違うかもしれません。

大がかりな見せ物小屋と思えば、騙されてもいいかな、と。

サテ今日からニコニコ動画という縁日で、「第2回国際ニコニコ映画祭」という見せ物の作品公募が始まります!

世界1のインチキ臭さを、お楽しみに。

15:30

コメント

あらあら今日のブログ文章が長いですね。
ニコニコ映画祭私も参加して見たいです(*^_^*)

投稿者:
Dec 1, 2007 5:30:04 PM

あらあら今日のブログ文章が長いですね。
ニコニコ映画祭私も参加して見たいです(*^_^*)

投稿者:
Dec 1, 2007 5:30:14 PM

こんにちは!
『志貴』と書いて『ゆき』と言います。
昨年、手塚治虫ファン大会で、手塚さんのサイン入りDVD(ブラック・ジャック ふたりの黒い医者)を頂いた者の娘です。(母が手に入れた物であるにもかかわらず、私の物になっています(笑))
いつも手塚さんのブログを楽しく読ませていただいていますが、最近、他人の所有地に土足で踏み込む方がいらっしゃるようで、気になって眠れないのでコメントさせて頂きます。
私は中学3年生で私の友人にもニコニコ動画を楽しんでいる人が沢山いますが、その中に少々乱暴な画像があったからと言って『面白れぇや、同じことやってみようぜ』なんて言う人は一人も見受けられません!!『子供への影響が心配される』などと仰る方は、万人が一度に微笑んでくれるような、しかも短い動画を作ることが出来るのでしょうか?そんな文句を言った人に子供があるのなら、ニコ動などをみる前に、お子さん・もしくはお孫さんに、日本の文学作品を読んであげて下さい。情緒豊かな子を育てることに努めて下さい。そんなことを真似しようとする人は、家庭内に問題があったりして、心に傷を持つ人達です。その証拠に、私の母が離婚してからしばらくは、私の心は不安定でし

投稿者:
志貴
Dec 7, 2007 3:01:35 AM

た。
ここに土足で踏み込む方々のような世代の人達が、正しいことを新しい世代の人達に伝えられるような人達なら、過ちはおきないのではないでしょうか?
――さて、最後に。私は今年も受験勉強をする間の数少ない楽しみとして、今年もファン大会に行くつもりです。手塚さんを遠くから拝見出来る日を楽しみにしています!


話が長くなってすみませんでしたo(_ _*)o

投稿者:
志貴
Dec 7, 2007 3:11:29 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム