Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/21/2007

CHILDFOOD

8mm漬けの日々が終わり、
少し落ち着きを取り戻しました。

といっても、相変わらず様々なことが起きていますが。


育児学の権威、

というより「育児の神様」と呼ばれていた内藤寿七郎先生がお亡くなりになり、ご葬儀に参列しました。

ぼくは父の縁があって、生前数度お目にかかりました。

101歳。

人間としては大往生ですね。

ほぼ生涯、70年以上も臨床医として子供を診つづけた人生は本当に立派です。


以前、お会いした機会にこんなことを尋ねてみました。

「過激な映像や暴力的な映像は、小さな子供に悪影響がありますか?」

すると内藤先生は
「ありません」
と、きっぱり。

「本当に影響があるのは、両親の接し方です」


内藤先生の著書『育児の原理』には、親としてどう子供と接すればよいかが、ていねいな言葉で書かれています。

皇室やホワイトハウスでも参考にされている本です。


サテ、

今日は早稲田学生映画祭に参加しました。

最近、学生と接する機会が増えています。

彼らにはどんな夢があるのでしょうか。


夜は、部活「フリーハンド」の忘年会。

癖のある連中が夜中近くまで事務所を占拠。

年齢に関係なく語り合う姿を見ていると、ホッとするのです。

01:21

コメント

だいたい落ち着いて来て、良かったですね(*^_^*)

ゴメンナサイ、毎回毎回コメントを書いて。

いや、これからもコメントを書かせて下さい。

じゃないと手塚さんが可哀想だから。

投稿者:
Dec 21, 2007 8:34:12 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム