Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/12/2008

CADENA FLAMENCA

フラメンコダンサーの鈴木敬子さんのスタジオが昨年末にウチの事務所の近くに移ってきて、今日はそのリニューアルオープンの記念ライブがあって、行ってきました。

広いステージとはまた違う、観客と触れあうほどの距離でのライブはフラメンコに合っています。

鈴木先生は映画にいろいろご協力(出演も)いただいて、お世話になっています。

日本の中堅では1、2に数えられる、本場仕込みのバイレです。


日本人がスペインの踊りをやるというのは、西欧人が日舞をやるようなものかもしれませんが、違いを認めて自分自身と向き合ったときに初めて踊れるような気がします。

どうしたって筋金入りの地元のヒトとは身体が違います。

しかし個人的にはクロス・カルチャーというか、
クロス・ボディというか、

混血的なところが面白いと思えるので、異国のダンスを踊る日本人を観るのはスキです。

民族の隙間で肉体が踊る感じ。


ここにもノイズとカオスが関わってきます。

カルチャーの揺れを体感できるのは、気持ちよいものです。

「過去」を確認するのではなく「いま」を生きているという実感がわくから。

00:41

コメント

駅などに手塚治虫先生のポスター貼られるみたいですね。

『夢』だよね。

手塚治虫先生の作品は確かに夢の多い作品が多いから、合ってると思います。

投稿者:
Jan 12, 2008 1:18:44 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム