Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/08/2008

30TH

ぼくが映画を撮り始めたのは17歳のとき。

1978年。

『FANTASTIC☆PARTY』という8mm映画でした。


それから30年。


と想うと、長いなあ。

そのわりに寡作ですが。


10年前、つまり20年目には何をしていたかというと、

『白痴』を撮影してました。

デビュー20年でやっと『白痴』です。

10年かかって『白痴』を作って、その後は10年で10本作るなんて言ってましたが、
実際はショートムービーを含めて10本ですからね。

何でもたくさん作ればいい ってものでもありませんが。


以前、アラブの映画祭に行ったとき、レセプションで隣に座った初老のアラブ人監督の話が印象的でした

彼は、
映画監督として何十年もやってるが、作ったのは短編ばかり。

35mmの長編映画を撮るのは一生の夢なんだ、

と語っていました。

彼だけではなく、アラブのほとんどの監督はそうなのですって。


もちろん、

長編を撮るのはぼくにとってもいつでも夢です。

そんな夢を大事にしたいと想います。


「なんでもいいから撮らせてよ」

じゃダメなんです。

1本1本を大切にしないと。


30年前、初めて撮った映画のテーマは

「青春はなんてファンタスティックなパーティであることか」


いまならそれを少しバージョンアップして、


「人生は、なんてファンタスティックなパーティであることか」

18:09

コメント

もぅ30年も映画をつくってるんですね。すごいです(*^_^*)
これからも頑張って下さい。

投稿者:
Jan 9, 2008 7:06:27 AM

もう1つ、手塚さんが知っているかどうかわかりませんが、何ヵ月前になるんですが、私は京都で企画された集まれ手塚キャラ大好きイラストコンテストの賞に選ばれました。

何賞かは教えられませんが、たくさんのグッツをもらい嬉しかったです。

イラストは誰が決めるのですかね(笑)

投稿者:
Jan 9, 2008 8:56:33 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム