Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/04/2008

NORMAL

いつも正月だけは、ふつうに過ごします。

ふつうというのはつまり、

門松や鏡餅を飾り、
神棚にお供えをして、
年越しそばを食べて新年を迎え、
朝はとそを飲んで雑煮を食べ、おせち料理をつまみ、年賀状を読み、
実家へ挨拶に行って親兄弟らと膳を囲んで和む。

ただ他の家と違うところは、テレビを見ないことかな。

普段からテレビは見ないので、紅白もニュースも何も見ません。

だから静かでいいです。

まあ、正月でなくとも静かな家なんですが。


初詣は、

年明けてすぐに近所の八幡稲荷に詣でます。

こじんまりとした社ですが、笛や鼓を奏で、焚き火のそばで甘酒を振る舞ってもらえる。

都内とは思えない、昔ながらの、のどかな風景です。

ここに来ると、ああ年を越したな、そう思える場所なんです。


そして年始のうちに、富士山に詣でます。

やっぱり関東人は富士参りせねば。

いつも富士宮にある浅間神社を訪れます。

3日は天気もよく、夕方まで富士山はくっきりハッキリよく見えました。

陽が暮れて、星が瞬き、闇の中に浮かぶ暗い富士の姿も幽玄でなかなかです。

そしてぐるりと富士を一周するように河口湖へ廻り、帰路につきました。

ここまでが正月の定例の行事でしょうか。


今日から少しずつ、また仕事モードに戻っていきます。

ああ、

ふつうよ、サヨナラ。

また1年、いかれた生活が待っている。


毎日が特殊だと、正月は日常に想えるものです。

22:14

コメント

手塚家ってわりと普通なんですね(笑)

あとあまりテレビみないって手塚先生とまったく正反対じゃないですか。手塚先生は仕事をやりながらもテレビみていたんじゃ

投稿者:
Jan 5, 2008 8:19:00 AM

手塚先生
こんにちは。
プレオです。
明けましておめでとうございます♪
お年玉でマイパソコンを購入しました。(笑)
ブログって良いですね。^^
今年はいっぱい訪問させていただきます!

投稿者:
プレオ
Jan 5, 2008 2:19:52 PM

こんばんは。
初コメントです。

手塚先生もお正月はふつーに過ごされるんですね。
ゆっくり過ごすお正月いいですよね♪
また遊びに来ます。

投稿者:
けん
Jan 6, 2008 12:55:35 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム