Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/02/2008

2008

いよいよ2008年の幕開け。

東京はきれいな青空が広がって、好い元旦になりました。

きれいな空があると、それだけで幸福な気分になります。

都心は建物が多くて空が狭いですが、
できるだけ空を眺めるようにしています。

そこに、いろいろな答えがあるように想えるからです。


今年はどんな年でしょうか。

ぼくが8mmで映画を作り出してから、ちょうど30年になりました。

つまり映画監督を始めてから30年。

なので、今年はきちんと真剣に映画を撮ります。

長編の劇映画に取り組みます。

昨年末あたりから誘いもいろいろあるので。


いくつも企画はありますが、とりあえずエンタテインメントがいいんじゃないでしょうか。

もともと、そこから始めたわけですし。

初心に戻るつもりで。

周りの人たちも、本格的なぼくのエンタテインメント映画が観たいといっているし。


その一方で、

『白痴』以来のアートフィルムの企画も進めます。

これは相当に難しい企画で、『白痴』は99.9%映画化は無理と思えたのですが、0.1%に賭けて、出来た。

ところが、今度の企画は100%不可能に思えます。

そんなとき、ふつうなら諦めるものでしょうが、
ぼくはむしろやる気が起きます。

しょうがないですね。

まあ、これは数年かかると想いますが。


あと2008ということで、8mmもたくさん作るつもりです。

30年を記念して、30本。

おいおい、また無理な目標を。

といわれそうですが、
今日すでに1本フィルム撮りました。


誓いや目標は、達成することばかりが大事なのではありません。

それを心に止めて日々生きることこそが必要と想うのです。


100本のショートムービーも引き続きやりますよ。

そうそう、
インフォメーション。

昨年監督した、探偵事務所5の『漫画探偵539』の配信が始まりました。
http://www.tantei5.com

久しぶりのドラマです。


そして、
映画を志す若いヒトたちのために、何かしようと考えてます。

とりあえず、日本工学院専門学校クリエイターズ・カレッジの顧問は引き続き、
あと
イメージフォーラム付属映像研究所の専任講師にも今年から加わります。

あと、映画のワークショップもまたやるつもりです。

いずれ弟子でも探しましょうか。

ふたりめのヴィジュアリストを。


それから今年は手塚治虫の生誕80年。

だからいつも以上に手塚治虫仕事に携わることになるでしょう。

イベントや映画の企画もいろいろ考えています。

全部実現するとスゴイのですが。

お楽しみに。


ところでこのブログですが、

相変わらず携帯で書いています。

ブログを日記として書いているヒトも多いと思いますが、ぼくは日記のつもりは全然ありません。

そもそも日記を他人に読ませるつもりがないので。

ショート・エッセイのつもりで、今年は書きますね。


皆さんからのコメントは、いつもちゃんと読んでいます。

ただ、ポリシーというか、ぼくのネットに対する意識として、あえて返事を書かないことにしています。

申し訳ないのですが、今年もそういうことでご勘弁を。


新年の初エッセイは4日スタート(予定)です。


では今年もよろしく。

そして、皆さんのところに天使が訪れますように。

02:11

コメント

おぉ手塚治虫先生生誕80周年ですか。生きていれば80歳ということですね。私は平成元年生まれで、その年に手塚先生がお亡くなりなったので残念に思います。まだ手塚先生が生きていれば、会いに行ったかもしれません。

手塚さんは何かイベントをするそうですね、できれば関西でもやっていただければいいのですが…関東は遠いし。

できれば行きたいですね、手塚先生のイベントは一回も行った事ないので。

あっ無理言ってすみません。


コメントいつも読んでくれてありがとうございます。
返事ができないのをしっかりと承知いたしました。

これからもブログを読みます。

投稿者:
Jan 2, 2008 2:47:42 PM

わわっ、で…っ弟子!?

いいな―いいな―

なりたいです(≧▽≦)ゞ

――まずは目の前の勉強しなきゃ…いけませんが


投稿者:
志貴
Jan 2, 2008 4:42:56 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム