Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/28/2008

B POPS

ときどき無性にB級映画が観たくなるように、

B級ポップミュージックが聴きたくなるときがあります。


80年代のテクノ・ポップやノイズ・ミュージックはそんなB級感覚にあふれていて良かった。

で、
ムカシ聴いたアレがまた聴きたい、

という感じでつい買ってしまったのは、
Thomas Leer、SPKにJim Foetus。


テクノ・ポップは存在自体がB級なんですが、その中でも胡散臭いというかインチキ臭いというか、

1〜2枚のアルバムだけで消えていったアーティストがいます。

ザイン・グリフとかパッションとか。

トーマス・リーアもそんなひとりで、
当時に詳しい方は吹き出す名前かもしれないですね。

クネクネしたサウンドに載せてメロウ(笑)なフレーズがオーソドックスに展開する、軟派エレポップ。

なかでも「甘い降伏」という曲がなかなかです。


一方、SPKはもともと過激な変態ノイズユニットでしたが、精神病患者だった中心人物ニール・ヒルが自殺(奥さんがダイエット剤の飲み過ぎで植物人間になったのを苦に心中)してからは相棒の元看護士グレアム・レヴェルのB級インダストリアルぶりがすさまじく、

中でも今回タイミングよく再発してしまった『Machine Age Voodoo』のノイズアーティストらしからぬ軟派ぶりは、あまりの潔さにディスコのヒットチャートにも登場してしまい、

「鉄工所の盆踊り」といわれておりましたが、

「メタルダンス」はぼくもよく踊りました。

イアン・カーティス自殺後のジョイ・ディヴィジョンがニューオーダーに成り下がって売れた感じに近いですね。
(違うか)

グレアム・レヴェルは最近すっかりB級映画サントラ作曲家になってしまいましたが。


その点、変わらずマイナーでジャンキーなポジションをキープするジム・フィータスは頑固な堕落者です。

彼の場合、テクノとかノイズのカテゴリーでくくれない独自の「オレさま」ポップス。

何度か日本でライブを観たけど、まったく本当に「オレさま」ぶりが潔かった。

音楽としてはライブよりは録音で愉しむアーティストですけどね。

才能豊かでダメなアーティストのお手本というか。

その堕落者ぶりが愛しいです。

こういうB級に生きるアーティストがいることは、なにか日々の励みになります。


馬鹿にしているようですが皮肉じゃありません。

なんだかんだ言っても好きなんですよ。

02:45

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム