Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/25/2008

L ANGELS

出張でロサンゼルスまで。

映画のミーティングなんですが、

飛行機で10時間近くかけて行って、
空港からすぐに相手オフィスへ。

そこで正味3時間のミーティングをして、会食をして、
ホテルで休み、

翌朝すぐにまた飛行場へ。
というあわただしいスケジュール。


アメリカまで行っても、空港とオフィスとホテルだけ。

なんだかビジネスマン〜 って感じですね。


飛行機は往復で2回、日付変更線を越えるので、

1泊3日になっちゃいます。

時差もなにも、どこまでが1日なんだか、ワケわかりません。


いずれ飛行技術が発達すれば、アメリカ日帰りも可能なのでしょうか。

いや、身体がついていかないかも。

体内時計がメチャクチャになります。


それよりネット会議ではどうか って?

しかしクリエイティブなミーティングには不向きです。

時に映画のように、人間が「気」を通じ合わせる「場」が必要なときはなおさら。

だからこの3日間が無駄とは想いません。

スタッフ交えて会食だって必要です。

お互いの眼を見て握手する。

ごはん食べて雑談する。

ここから人の関係は始まり、ものが生まれます。


もっとも、日本ではあまり握手しませんね。

どちらかといえば名刺交換してお辞儀、みたいな。

いずれにしても、立体映像やバーチャル・トリップが発達しても代えられない経験です。


それにしても、たった1日でもやはりアメリカの大きさには圧倒させられます。

途方もなく、途方に暮れる。

こんなに物質が豊富でも、何かがたりない。

日本はちいさくて質素だけれども、心は豊かだと想うな。

想像で様々なものが補えるし。


帰ってきて、とりあえずお米のごはんとおかずを食べる。

やっぱり、日本はいいな。

ごはんがフツウにおいしいもの。


たった1日の渡米でも、そう感じてしまいます。

17:02

コメント

私は手塚さんといつか会った時、握手したいですね(*^_^*)

漫画家になって、いつか手塚治虫文化賞をとりたいですね。その時手塚さんに会えれば(笑)

蛍と言う名前は偽名なんですが、漫画家のペンネームも蛍と名前をつけたいと思ってます。


まぁなれるかわからないけど。

投稿者:
Feb 25, 2008 9:16:11 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム