Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/18/2008

217

2月17日は
坂口安吾さんの命日でした。

毎年開かれている「安吾忌」に、今年も顔をだしました。

安吾さんが亡くなられて54年め。

会も今年で54回。

ぼくは1990年の第35回から出席なので、もう19年は顔を出していることになります。

1、2度欠席しましたが、ほぼ毎年参加しています。

単に『白痴』を映画にしたという縁だけですが。


最初にお邪魔したときはまだ三千代夫人がご存命で、そこから『白痴』映画化の話はスタートしました。

懐かしい。


会場も顔ぶれもだいぶ変わりましたが、

いまは息子さんの綱男さんが中心となって、若い読者の方も加わりながら、穏やかに行われています。


今年はやはり新潟出身の無頼マンガ家、赤塚不二夫さんの長女りえ子さんも出席して、また2世が楽しく揃いました。


最近は安吾カルトクイズというアトラクションがあって、これがかなり難しい。

たとえば「安吾忌に顔を出した三船敏郎さんが映画化したかった安吾の小説は何か」(※1)とか、「安吾が最初に出たラジオの番組名は?」(※2)とか、

知るワケないじゃない!
という質問ばかり。

それでも当てずっぽうでかなり当たって、景品に『白痴』初版本(昭和22年発行)をいただきました。

19年も来つづけていると、いいことあるものです。


逆に、
この10日、安吾の甥に当たる新潟松之山の村山政光さんが亡くなられ、またひとり安吾を知る顔が減ってしまいました。

村山さんは安吾ゆかりの大棟山美術博物館を守ってこられ、

『白痴』撮影の折りもロケに協力してくださったりと、ずいぶんお世話になった方でした。

人望のある、立派な方でした。

ご冥福をお祈りいたします。

※1 答『桜の森の満開の下』
※2 答『世相と風刺』

03:31

コメント

なんてコメントを残したらよいのかわからないので、焦っております(・_・;)

映画って言うとSFかファンタジーなものしかしらないので答えられなくてすみません。

投稿者:
Feb 18, 2008 4:06:14 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム