Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/06/2008

WEAKPOINT

ぼくの自分の欠点は、

いろいろなことを思いつきすぎてしまうことです。

あれこれ、やることやりたいことが、次から次へと頭に浮かぶ。


それは欠点じゃない?

しかし、ただ思いつくだけなら誰にも迷惑はかからないのですが、

問題なのは、それを実際にやろうとしてしまうことなんです。


そしてさらには、それがうまく行かなかったり実現できなかったとき、
とても落ち込んだり気分を害したりします。


それもフツウですか?


それでも簡単には諦めないんですよ。

意外とシツコイ。

10年越し、20年越しの企画がざらにあります。

毎日、そこにさらに新しい企画が加わる。


最近、そんな企画が次々と動きだしました。

日々、打ち合わせやら顔合わせやら。


今日も某メジャー企業へミーティングに行ったのですが、

そこの相手とは他にも数本の企画を共有しています。

「例の件ですけどね…」

「ところであの件はどうなりました?」

「また別件のことですが…」

こんな調子で、企画だらけ。

ひとりの相手に対して、ふたつ以上の要件がある始末です。

そんな相手が何人もいる。

もう、ちょっとおかしい。

異常です。

やりすぎ病です。


これが誇大妄想なら、まだましかもしれません。

それを実現させようというエネルギーは、
小柄で華奢なこの身体のどこから出てくるのか。

自分でも不思議です。

「おいおい、ちょっと待て」

と自分を止めたくなる。


しかし思いつきと実行を止めるには、

よほど疲れて元気を失う他に手はないのです。

やりたいことが見つからない。

なにをやったらいいかわからない。

なにをやっても違う感じがする。

それが、フツウです。

みんな、そうだと思います。


やりたいことがわかっていて、
やりたいことがあって、
やっているにも関わらず、
さらに別のことをやりたがる。

これは、ヘンです。


と自己分析しながら、

やることが次から次へとあるのは(タイヘンだけれど)幸せなことかもしれない。

と想うようにもしています。


もしやることがなくて、
なにも思いつかなくて、
やる気も起きず、
ぼんやり時間を過ごせるなら、

それもまたいい人生だなあと。


結局のところ、

ヒトは自分に忠実に(自然に)生きるしかないんです。


どんなに極端でも。

03:32

コメント

手塚さん、まず落ち着いて下さい。
人にはひとりひとり個性がありますから。

それは仕方がないし、それが自分なんだから、けっして失わないで下さい。

欠点なんて誰にでもあるし、欠点のない人間なんてありません。

投稿者:
Feb 6, 2008 7:44:49 AM

昨日はじめて白痴見ました
私のウィークポイントも同じなんです
ときどき何を考えてるかもわからなくなってしまいます

投稿者:
iroha
Feb 26, 2008 3:57:36 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム