Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/15/2008

TORO

熊本出身のトモダチ(唯一、つきあい続いている大学の同期生)に、おいしい赤身トロの馬肉をもらって、

持つべきは熊本の友、と喜んでいたら、

「熊本のヒトは馬肉は赤身しか食べない」

と馬鹿にされてしまいました。
(シャレじゃありません)


そりゃタテガミだのフエタゴだのは、珍味かもしれない。

そりゃ、赤身がおいしいに決まってますよ。

でもいいじゃないですか。
珍味でも。


実は珍味好きなのです。

ヘビとか、

サソリとか(中国)、

タツノオトシゴの唐揚げとか(沖縄)。

自分の映画もかなり珍味ですが。


珍味といえば、

『スウィーニー・トッド』観ました。

久しぶりにティム・バートンの真髄、て感じでとっても良かったですよ。

抵抗あるヒトが多いようですが。

個人的に彼のベストは、
『シザーハンズ』を別格とすれば、

間違いなく
『エド・ウッド』です。


彼とは歳も近いし、恐らく好きな映画が同じなのでしょう。

ユニバーサル・ホラーやらハマー・ホラーやら・・・。

『スウィーニー・トッド』の、殺されて地下室に落ちる被害者を真上から撮ったショット。

これたしか『フランケンシュタインの逆襲』だよね〜

とか。


それより驚いたのは、

いつのまにティムは、こんなにウマくなったんだ、

というくらい、上手だった。


若いふたりが窓越しに出会う場面。

これこそ映画です。

見本のような・・・

完璧ですね。


だから次回作が楽しみ。

この巧さをどう、ぶちこわしてくれるのか。

21:21

コメント

スウィーニー・ドット私も見に行きたいのですが、そんな暇がないのでDVDで我慢したいと思っています。

私、スウィーニー・ドットのキャラ好きなんですよ。変かもしれませんが悪魔っぽくてカッコイイ人がいいんです。

ティム・バートン監督の映画で出演しているジョニー・デップさんなんかコスプレっぽいのが多いですよね。

投稿者:
Feb 15, 2008 10:44:52 PM

後、手塚さんは昔アトムと呼ばれてたんですね。

投稿者:
Feb 16, 2008 6:25:34 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム