Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/27/2008

P O V

『クローバーフィールド』と『REC』という、
似たような映画を続けてみました。

ネタバレになるとつまらないので内容は詳しく書きませんが、

なにが似てるかというと、

どちらもドキュメンタリーのような、ニュース映像というか携帯動画というか、そんな“生”な映像だけでドラマを成立させているってことです。

“POB”つまり、Point Of View(主観撮影)というのだそうです。


だいぶ前に『ブレアウィッチ・プロジェクト』という、素人のビデオ映像を狙ったホラーがありましたけど、

それをもっと緻密にしてお金をかけて作った感じです。


『クローバーフィールド』は完全に素人がビデオで撮っているという設定で、

NYが壊滅してゆく様を、ひたすら手持ちビデオカメラが撮り続けるという、

その徹底したところが新鮮。

アメリカで今いちばん勢いのあるF.F.エイブラハムのプロジェクトで、

内容だけではなく宣伝やイメージ作りも秘密の仕掛けがいっぱい。

ネット世代から情報発信させようという魂胆です。

自由の女神の首が吹っ飛んでくる、何が起きたんだ! という意外性あるCMでした。

本国ではそんな仕掛けが効を奏してヒットしましたが、
日本ではどうでしょうか。


一方の『REC』はスペインで大ヒット、100万人が観たというホラーです。

こちらは素人ビデオではなく、テレビのカメラマンが撮ったビデオ映像という設定で、

密室的緊迫感の中をカメラが行き来します。

遊園地のお化け屋敷のようで、

コワイ、というより気味が悪いというか、

イヤーな印象の話です。


どちらの映画もそれなりに面白いのですが、
若干、映画というより、アトラクション的な印象は拭えない。

逆に、
映画の演出表現というモノを、改めて考えさせられましたね。

作られた‘生’映像と、いかにも演出された世界はどちらが迫真か。

これは、
どんなに精巧に作られたCGも現実にはかなわない、

という問題に似ています。

時代とともに、映画はリアリティを求められるようになりましたが、

映画ならではの美しく印象的な様式を失っていきます。

その様式こそが映画たる所以でもあるのですけどね。

POV映画は様式と非様式世界の狭間で作られています。


必見かどうかはともかく、

そんなテクニックの興味としては、いまお薦めです。


あと、ぼくは職業柄見慣れていますが、
素人っぽいグラグラ揺れる映像は、
大きなスクリーンで見ると、少し酔うかもしれませんね。

22:10

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム