Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/19/2008

YOSHIMOTO 100

役者のあんじは吉本興業所属なのですが、

その吉本が所属タレントに監督させるショート・ムービーのシリーズをやっていて、

どうやら100本作るらしい。

1本の予算が仮に100万円として、100本で1億円。

1億で長編映画1本作るか、
短編100本作るか、

という選択ですね。


あんじも1本監督したというので観に行きました。

『人を造る』というロマンあふれる物語で、
主演のいしだ壱成さんと、共演の小林涼子さんがとてもいいです。

あんじ初監督ですが、プロのスタッフがついているので、
そういう意味では安心して観られます。


ぼくは最近、新人とか素人をスタッフに使ってムービーを撮っているので、逆のアプローチが新鮮です。


長年演出をしていると、変に手慣れてしまうというか、

テクニックの垢が溜まってしまうので、

そんな“垢”を、どう捨てるかが課題です。

いつもビギナーズの新鮮さを保ちたい、

と想っているのですが。

未経験者が参加することで、いい意味で現場がノイジーになって、

作品に青っぽさが出るのですよ。

プロがわざと素人っぽく見せかけているのではなくてね。

01:42

コメント

お久しぶりです(^O^)
私事ですが、

-高校に。

合格しました!
これでまたちゃんとコメントできます(≧∀≦)
よかったよかった!!
では(^O^)/~~

投稿者:
志貴
Mar 19, 2008 8:59:26 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム