Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/05/2008

CAT MOVIE

フリーハンド(自主映画サークル)のショートムービーを撮影していました。

企画名は『ネコは人間の親しき友ではない。』。

これは、メンバーの俳優が自分主演でやりたい役を考えて、ぼくが監督するというシリーズ。

若い女優の真柳美苗さんが選んだ役は「ネコ」。

着ぐるみも特殊メイクもせず、そのままでネコを演じます。

やはりメンバーの八月さんが書いたオリジナル・シナリオです。


ひさしぶりに他人が書いたシナリオをそのまま演出するので、なんか新鮮です。

ネコ映画なのに台詞芝居だったりと、フシギな作品です。


撮影は2日にわけて、横浜市青葉区で行われました。

自主企画なので例によって予算がありません。

いつものように、ぼくは監督以外にプロデュース、現場の制作、撮影、照明、雑用を兼ねて、

しかも今回は車両部まで担当です。

スタッフや役者の送り迎えからロケ地への移動、撮影機材の搬入までやるという・・・。

便利な監督ですね。


そのかわりショートムービーのキャスティングは独断で決めてます。

といってもメンバー以外はほとんど友人。

今回の客演は川村早織梨さん。
知人ですが初めて仕事します。

それが、
ネコ好きのイラストレイターの役だったのですが、なんと本人もネコを飼っていて大のネコ好き。

しかもイラストまで描いていて、かなり役にシンクロしていてビックリ。

こういうのは幸せな偶然ですね。


偶然といえば、
たまたま、知人のツテでエキストラ(ネコ)をお願いした勉強中の新人さんも名前が川村さんで、本名は早織梨さんと一文字違い。

同じ作品に川村さんがふたり。

しかもふたりともネコを飼っている!

撮影現場にも飼いネコがウロウロしていて(出演者じゃありません)、ネコづくしでした。


よくネコ派か、イヌ派かと分かれますが、

ぼくはコウモリ派なので・・・。

もしぼくがコウモリの役をやるときの企画名は『コウモリは人類の恐るべき敵ではない。』

ですね。

22:45

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム