Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/20/2008

SHANGRI‐LA

幼い頃からいろいろなものを見聞きして、

持ち前の好奇心と強い興味から、珍しいものや変わったものをたくさん見てきたので、

もうたいていのことでは驚いたり動じたりはしないのですが、

ヤン・リーピンの『シャングリラ』には本当に驚いた!


いや、驚きました。

まったく予備知識なく、ただの勘で見に行ったステージだったので、驚きも余計です。

雲南の少数民族の伝統的な歌舞をヤン・リーピンが再構築した2時間のステージは、
実際の農村の若者たちがダンサーとして歌い踊り、

一見コンテンポラリーに見えながら、
実は恐ろしく古いアジアの人間の文化を誠実に伝えています。


その内容も質も圧倒的ながら、

なんといってもやはりヤン・リーピン本人のソロが圧巻。

この世のものとは思えない。

人ではないみたい。

完璧な身体の美学。

神の領域。

あまりびっくりして、涙が出て鼻が出て、震えました。


もう中国本土でも彼女は滅多に踊らないみたい。

生きているうちにこんなものを観られるなんて。


いや、実際に絶滅しかけているアジアの古典芸能を、
こういう形で残すという意地と責任感に、

アーティストとしての彼女の姿勢の素晴らしさを感じ、心うたれました。

なんか月並みなことしか書けないのは、まだ興奮が冷めないので。

01:50

コメント

ほんとーに驚かないんですか?

手塚さんが大嫌いな物を持ってきてもですか?(笑)


てゆーか手塚さんの苦手な物ってなんだろう………。

投稿者:
Mar 21, 2008 4:56:23 PM

茨城の工務店の者です。
弊社で,古民家再生の家つくり
ました。
もし,よかったら撮影に使って
みてください。
ブログに写真は,掲載してます。

場所:茨城県筑西市藤ヶ谷1858

投稿者:
W建工のT
Mar 26, 2008 9:51:25 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム