Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/28/2008

KIREI

新潟での岡野玲子トークショーは無事におわりました。

ちょっと意外だったのは、
岡野がパフォーマンスも交えてひとりで2時間しゃべりまくったこと。

こんなのはじめてじゃないかな?

そんなこと滅多にはなく、

雨でも降るんじゃないか

と思っていたら案の定、おわったらドシャ降りになりました。

でも見に来れた方には(話の内容も含めて)貴重な機会になったことでしょう。


ところで。

新潟には15年以上も、毎年必ずでかけるくらいですが、

それでもまだまだ知らないことがたくさんあって、

今回も新たに3つの発見がありました。


まず、
「ガタケット」。


って、なに?

と思うでしょう。

イベントの打ち上げにガタケットの関係者が来ます、
といわれて思わず
「それ、なんですか?」
って聞いちゃいました。


マンガ同人誌界用語で、「にいがたコミックマーケット」の略称。

だそうです。

いわゆる「コミケ」の新潟版ですね。

スミマセン、ぼくは同人誌界はまったく知らなくて、ウトいのです。

実はコミケも一度も行ったことがない。

新潟はマンガ大賞(10年め)があったり、マンガ文化は盛んなんですね。

でも15年もしょっちゅう新潟に顔を出しているのに、いままで接点なかったなあ。

不思議なことに。


ふたつめの発見。

新潟名物「ぽっぽ焼き」。

というのは、お祭りなんかの屋台で売っている駄菓子だがね。

これも初めて食べました。

細長いカステラみたいな。

モチモチしていて、フシギな食感にハマる味。

なんで「ぽっぽ焼き」というのか、誰か知ってますか?

新潟だけにしかなくて、しかも上越にはないらしい。


古町の先に白山神社があって、お参りに寄ったついでに境内で売っていたのを買って、隣接する白山公園を散歩しながら食べました。

園内にいるハトやカラスや池のコイも、これを食べます。

ヒトとハトとカラスとスズメとコイが仲良くぽっぽ焼きを食べている情景は、なんか和やかで好いものです〜。


その3。

東堀通りに見つけた台湾茶芸店。

その名も「キレイ茶芸館」。

台湾の方がやっている、家庭的ですが本格的なお茶の店。

女性店長は台湾に茶畑も持っていて、けっこうな種類の茶葉を安く入れています。

ウチは台湾の茶(いわゆる中国茶ですが)をよく飲むので、こういう店は重宝します。


それにしてもこの店名は・・・

と思っていたら、店長のお名前がズバリ「キレイ(綺綾)」さんでした。

もちろん、キレイな方です。

近所にはぼくの映画を手伝ってくれた、木村さんの秘密基地があります。

「秘密基地」というのは店名で、ヘアサロンです。

ひとりでやっている店長の通称が「木村さん」。


ね、新潟ってオモシロイでしょ。

20:57

コメント

新潟面白い所ですね。私も行ってみたくなりました。

だけど、新潟は遠すぎます(泣)

ガタケットですか?……。
漫画家を目指している私でも知りませんでした(汗)

投稿者:
Apr 29, 2008 8:09:41 AM

はじめまして。
とあるところから辿りつきました
ニイガタの者です。

ぽっぽ焼きですが、新潟県の下越地方にしかないもので
発祥は新発田市と言われています。
昔は蒸す蒸気が出る噴出口みたいなのがあって
そこから「ポー」という音がしていたのでポッポ焼きとなったらしいです。

でも発祥の新発田では「蒸気パン」と言ってます(笑)


投稿者:
slow-flow
Apr 29, 2008 5:31:41 PM

旦那さんが意外がるほどとは!スゴイ貴重だったんですね。やっぱりゆかりある新潟ということで特別だったんでしょうか・・。

しかしダンスというかアレは晴明みたいというか、なんか5次元環境を作る装置っていうのをあみ出したおじいさんがいるんですけど(装置の名はルーツファインダーといいます)そのキカイがガラガラ回ってる映像を見ると私は胸がザワザワするんですけど、あのダンスももう少し長く見てたらザワザワしそうなかんじでした・・。
訳わかんないくせに訳わかんないことを言い出してすみません。失礼しました。
とにかく貴重な体験ができてよかったです。

うちは終わった後、寿司だけ食べてすぐ帰りました・・。

投稿者:
ナツロウ
May 1, 2008 7:13:01 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム