Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/15/2008

TOCHOU

仕事の合間に時間があると、都庁に行きます。

展望室に上がるのです。

地上45階。

直通エレベーターで50秒。

無料で上がれます。


展望室は北と南にそれぞれあって、
ふだんは比較的静かな南棟に行くのですが、

今日はその南側が休みなので、賑やかな北側に上がりました。


どちらも喫茶コーナーでお茶をしながら、東京が一望できます。

北側は、夜はバーになり、カウンターで夜景を見ながらグラスを傾ける。

といっても決してお洒落じゃない。

週末や休日でなければ、案外空いているんです。

ぼんやり考え事をするには最適な、お気に入りの場所。


なぜか昔から、西新宿が好きでした。

いま自分のオフィスも西新宿のすぐ隣にあるし、

副都心が舞台になった映画を撮ったこともあります。

このあたりを散歩するのも好き。


摩天楼とその下に広がる無機質なオフィス空間。

猥雑な商店街。

外国人観光客のざわめき。

迷路のような地下道。

冷たい無秩序。


都庁の上から眺めれば、東京は瓦礫の荒野。

現代アートのようなコンクリの大草原。

はるか商業ビルから立ち昇る多量の煙。

火事だろうか。

現実感がなく、
まるで別世界から見おろしている感じ。


仕事の疲れもストレスも地上に捨て去って、
身軽に上がる天上のオアシス。


昨晩観ていた『タワーリング・インフェルノ』を思い出しながら。

またここで、映画を撮ろうと想っているのです。

23:12

コメント

あ~、いいところ教えてもらいました。
今度東京に行ったらのぼってみよ。

投稿者:
左京亮
Apr 16, 2008 12:27:31 PM

東京一度しか行ったことないんです。
遠いから。

またいずれ漫画家になっていたら、東京に行くこともあるかもしれません。

今は漫画家になるため、専門学校で技術を学んでいます。

手塚治虫先生みたいな漫画家になりたいな。

そしていつか手塚眞さんに会う。

将来の希望です。

投稿者:
Apr 17, 2008 9:05:29 AM

地上45階まで50秒

早いですね~

投稿者:
豊胸
Apr 23, 2008 11:03:15 PM

都庁の上に一般人が入れると思わなかった…^^;

投稿者:
スペイン語を使う仕事探し
Apr 24, 2008 11:33:38 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム