Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/25/2008

NAF

ひさしぶりの更新です。

この間、

忙しかった、
書くほどの出来事がなかった、
書けないオフレコ話ばかりだった、

などなど言い訳できますが、

まあ、その全部です。

今年は、ネットに上げられないタイヘンな企画が目白押しで。

それは、また、おいおい。


さて、
明日から新潟です。

坂口安吾ゆかりの新津美術館で、今回は安吾ではなく、
少女マンガ展が開かれていまして、

題して「少女マンガパワー!」。

http://www.city.niigata.jp/info/naf/

北米巡回していた展覧会ですが、

日本の少女マンガの歴史といいますか、

つまり、
手塚治虫「リボンの騎士」から岡野玲子「陰陽師」まで、

のカラー原画などが並ぶ、なかなか壮観な企画です。

しかも。

珍しく、(とても珍しく!)
岡野玲子が自身のマンガについてのトークショーをします。


というわけで、
岡野とぼくがふたり揃って行くという、

これまたかなり珍しい事態になりました。

ひとりでもとんでもないのが、ふたりですからね。

天変地異が起きなければいいのですが。


残念ながらトークショーはすでに定員いっぱいだそうですが、
展示は5月25日までやっています。


この展覧会は7月には京都(国際マンガミュージアム)、
9月に高知(横山隆一記念マンガ館)でも開かれるようです。

近隣の方は要チェックですね。

00:49

コメント

わー京都ならまだ近い方だhappy01

少女漫画って昭和30年頃まで男性の漫画家さんが描いていたらしいですね。

松本零士さんなんか最初は少女漫画中心に描いていたらしいですから。

投稿者:
Apr 25, 2008 5:24:51 AM

今度は少女マンガ展のことをきかせて下さい。

投稿者:
Apr 25, 2008 10:06:25 PM

はじめまして。
ナツロウと申します。
昨日岡野先生のトークショー行ってきました。
埼玉から新潟へ15000円で行けるところを途中、スピード違反で捕まって4万円もかかってしまいました(涙)がお話しだけでなくスゴイものが聞けたり見れたり感じたりできたのでよかったです。
うちの夫は眞さんと玲子さんが美術館の階段を登っていくところを見たといってましたが、私は拝見できず、残念でした。なかなかそのツーショットは見れないですもんねー。
では失礼しました。

投稿者:
ナツロウ
Apr 27, 2008 10:30:39 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム