Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/05/2008

HOLYDAYS

連休といえども仕事三昧です。

連休だから、むしろ仕事が増えちゃうというか。

事務所は休みなんですがね。

ひとりでじっくり取り組む作業がいっぱいです。


いま抱えているのが大きな企画だけで8本。
(うち手塚治虫関係が5本)

ショートムービーやら小さな制作が5本。

それ以外に関わっている進行中の仕事が10本ほど。

あと、個人的な制作が2本ほど。


いつ休んでるの?
とよく聞かれるのですが、

明け方は寝てます。

あと、隙間で休んでます。

今日は休み、とかではなく、1日の中に休みを挟むといいましょうか。

それがぼくの生き方だからしょうがない。

最低、ふたり分は働かなければなりません。


とはいえ、けっこう遊んでもいます。

隙間で遊ぶのも得意です。


たくさん仕事があるのはいいとして、あとは体力の問題ですね。

年々、体力は低下していきます。
それを考慮しないと、無理がたたっちゃって。

先日も、
個人的な撮影で12時間労働でした。

スタッフなし。

だからひとり動き詰め。

翌日までぐったりです。

しかも1円にもなりません〜。


世の人は、ぼくは働かなくても食べて行けると誤解してますが。

とんでもない。

自分で働かなければ生活できませんよ。

あたりまえでしょう。


働かないで、印税なんかで遊んで暮らせれば、どんなに楽でしょうか。

でも、それじゃ生きる意味ないですね。

つらくても、生き甲斐がある方がね。


仕事がひと区切りついて、
ふと眼を上げると曇り空の中に、きれいな夕陽がのぞきました。

なんか、
仕事していて良かった、と想います。

褒美をもらった気分です。

20:23

コメント

たっ大変ですね(≧□≦)
頑張って下さい。できれば手塚さんに応援の手紙を送りたい。

どうやったら送れるのかわからないしなぁ~( ̄▽ ̄;)

あはは…。

投稿者:
May 6, 2008 1:48:44 AM

はじめまして(^-^)
眞さんのブログ最近、読み始めました♪
今日も読んでみて落ち着いた文章で大人らしくロマンチックでした。
眞さんの作品とても楽しみにしています!o(^o^)o
無理せず頑張って下さい!!

投稿者:
ロコ
May 6, 2008 4:14:18 PM

初めましてエステと申します。
お仕事大変ですね、でも忙しい方がいいですよ。
頑張ってください。

投稿者:
エステ
May 6, 2008 11:35:48 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム