Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/23/2008

BUG

『BUG』という映画の試写に行きました。

街はずれのモーテルの一室で、(聞いたことのあるシチュエーション!)

男が布団の中でちいさな虫に刺される。

しかしこの虫、ただの虫ではない、
とんでもないヤツだった・・・。

次第に部屋も住人も、虫に占拠されていきます。

文字どおり、身も心も。


コメディじゃありません。

詳しく書きませんが、現代的で実に怖い、

というか

ヤバイ映画です。


ただでさえ、
いまウチが虫で問題になっている矢先なので。

うう、

なんとタイムリーな。


ひさしぶりにかなりハマりました〜。


舞台はたったひと部屋、
登場人物5人という、
実にミニマルな条件で、

先の読めない驚愕のドラマに引き込まれてしまいます。

秀逸なスリラーです。

一見なんてことのないシンプルな、
しかし実は奥深い演出力に脱帽です。

もう、すべての映像に意味があって。

なにげないショットも後から‘キ’ます。


まるでキューブリックの映画みたいに。


監督は、あの『エクソシスト』のウィリアム・フリードキン。

さすがです。

CGもスターも使わず、この密度。

見習いたい。

実際『ブラックキス』に似た演出もあるので勇気づけられるのですが。

黒沢清監督が『ブラックキス』を気に入ってくれて、2回も観てくれて、

「当然、映画はこうなるべき」

と言った、そんな演出で、

そう。
こうなるべきなんですよ。

『BUG』は7月から劇場公開。

ちと早い情報でしたが、

小品なので気をつけて。

01:23

コメント

こんにちは(^ω^)♪
聞いた所BUGは見たらブルブルしてしまいそうなイメージがあります((((゜д゜;))))
でも、おもしろそうなので見に行きますね(*´∀`)ノ
さっき名古屋の電車に眞さんに似ている人が居たので一瞬ドキッとなってしまいましたWw
それでは、体に気を付けてお仕事頑張って下さい(^-^)

投稿者:
ロコ
May 23, 2008 1:34:54 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム