Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/07/2008

TIMING

いまウチは陸の孤島です。

住宅街の奥、路地の突き当たりにあるウチに至る道はふたつあって、

ひとつは細く曲がりくねった路地で、
もうひとつは川を橋で渡ります。

この川が河川工事をしていて、数カ月も橋が使えないのです。

ところが、残された路地も道路整備工事が始まり、通行が規制されてしまいました。

これではウチから出られない、入れないではありませんか。


河川工事は3月までという予定が、6月末までに延びました。

3ヶ月も工期が遅れるなんて。

そりゃ雨とか自然現象の影響はあるでしょうが。

しかし、素人じゃあるまいし。

当初の見通しがズサンだとしか思えない。


もし、映画制作が3ヶ月も遅れたらタイヘンですよ。

当然、工費も余分にかさむでしょう。

その工費、税金ですよね。


それにしても、
ふたつの道路工事が重なるのはタイミングわるい。

こういうの、誰かが調整しないものでしょうか。

宇宙で人間がいまだ扱えない唯一のもの、

そして生きることに重要なものが、

「タイミング」

だと想います。


考えてみてください。

今日1日。

この1年。

これまでの人生。

タイミングが悪くて失ったもの。
タイミングがよくて成功したこと。

いろいろありませんか。


ぼくはこの、タイミングを扱う方法、
つまり良いタイミングの掴み方を以前からずっと考えています。

もしそれが見つかれば、

思わず「ユウレカ!」と叫んで風呂から飛び出すか、
目覚めた人となって悟りの眼が開くか、

まあ何にしても世界的な大発見になるわけで。

なんか少し、掴みかけたような気はしますが。

なかなか「時間」というやつは正体を見せなくて。


「時間」と「タイミング」については、そのうち本でも書こうかと想っているのですけどね。


はたしてそのタイミングはいつ?

23:03

コメント

人生に大切なモノはタイミング〜ですか(^ω^)
あまり考えた事がなかったですが、今日読んでいい勉強になりました(^-^)v♪
孤島とは大変ですね((((゜д゜;))))
私の住んでいる隣町の工事もよく伸びますWw
気長〜に税金を考えながらお互い待ちましょう(o^_^o)
「時間」と「タイミング」私は漫画を描く人なのでそのテーマについての作品も考えたいです♪

眞さんの作品、楽しみにしています(*^-^)ノ

投稿者:
ロコ
May 8, 2008 5:58:28 PM

私はタイミングがいい、と思い込んでいるとタイミングがいいような気がするのですが・・。

今回新潟のイベントから別の人の日記でこのブログの存在を知り、手塚眞さんの文章が読めてよかったなー、と。
でも免許取って半年後のある日、人をひいてしまった時は、なんであの道を、あの時間を選んでしまったのか・・と悔やんでも悔やみきれない思いでしたが・・。
でも今となっては、ひき逃げするのはその人が悪いだけじゃなくて、ただびっくりして怖くて逃げたくなっちゃうから、人をひいたら怖くても逃げちゃだめだ、ということを教えない警察が悪いんだと思っています。
時間とタイミングの本、楽しみにしてマス♪

投稿者:
ナツロウ
May 13, 2008 7:29:37 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム