Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/26/2008

ROCKET

救いのない怖い映画のあとに、こんどは幸せいっぱいの映画をみました。

またもや試写なんですが。


映画はなるべく劇場で観ようと想っているのですが、たまには試写へ足を運びます。

「ぜひ観て感想(コメント)をください!」
と頼まれるからなんですが。


映画の試写会にはいわゆる披露試写と業務試写があって、

披露試写は一般の観客も招待されて、大きな劇場やホールで行われますが、

業務試写は映画会社の中にある小さな試写室でやるので、
どうしても画面がちいさい。

観に来ているのは評論家、マスコミ、ぼくのような業界者だけなので、

なんか雰囲気も堅いというか、

暗いです。


まあ映画ですから暗くして観るので、いいのですが。


そんな業務試写で観たその幸せいっぱいな映画は、

『庭から昇ったロケット雲』

という覚えにくい題名のアメリカ映画です。

カウボーイのような田舎の農家のお父さんが宇宙飛行士にあこがれて、

ついには本当の宇宙飛行士になってしまうという、

夢を追いかける男と、その家族の、

絵に描いたようなハナシですが、

きれいな奥さん、かわいい子供たち、幸せな家庭、気のおけない隣人たち、
という濁りのない美しさで、

「こんな家庭あるか!」

とあきれずに観ていられるのは、
ビリー・ボブ・ソーントン、ヴァージニア・マドセンをはじめとする俳優の名演があるから。

深読みすればカウボーイから宇宙計画という、アメリカの盲目的進歩を肯定する内容でもありますが、


フツウに感動しますよ。

家族で観たい映画ですね。


コワイ映画はちょっと、

という方にはお薦めの
「良い映画」
です。

7月から公開。

22:12

コメント

感動する映画を探していたので
さっそくみてみますhappy01

投稿者:
ねらえリッチウーマン
May 27, 2008 7:46:56 AM

良い映画はいいですね。

私も見てみたいなぁ。

投稿者:
May 27, 2008 11:03:37 AM

お疲れ様です(^-^)

面白そうですね!(・∀・)
見ますね!

投稿者:
ロコ
May 27, 2008 12:04:51 PM

fasdfasdfadsf

投稿者:
てs
May 28, 2008 1:07:19 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム