Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/15/2008

LAST WEEK

先週はたくさんの行事があって、なかなか気の休まらない1週間でした。


月曜日はCMの衣装合わせ。

映画やドラマなどでやる「衣装合わせ」とは、文字どおり出演者の衣装を決める打ち合わせなんですが、

これが監督やカメラマンや他のスタッフと、俳優との顔合わせを兼ねる場合もあります。

スタイリストが用意した衣装や小道具から選んでそれを実際に着てみながら、

俳優は役について監督と軽い意見交換をします。

ひとり30分程度ではありますが、

ここで初顔合わせになる俳優も多いので、

くつろいだ中にもそれなりの緊張が漂い、

1日が終わると監督はぐっと疲れます。

火曜日はニコニコ動画の「国際ニコニコ映画祭」の審査会。

ぼくは審査委員長兼司会進行という一見便利な役目をしていますが、

いってみれば全体のまとめ役で、

当然、いろいろ気遣いながらやるので相当にエネルギーを消耗します。


これで5回目なんですが、

今回は「週刊SPA」が協賛で、そのコラボレーション企画。

ゲスト審査員として、
みうらじゅんさん、石原マコチンさん、「SPA」編集長が参加。

レギュラー審査員は2ちゃんねる管理人ひろゆきさん、タレントの松嶋初音さん、アーティストのスメリーさんに、ユーザー代表ニートスズキ。

こんな破天荒な才人たちをまとめるわけです。

気が抜けません。

しかも見る動画は事前に厳選しているとはいえ、

かなりユルい、というかヒドイものも混ざっている。

審査会は後に公開されるので、投稿者を過度に傷つけないよう気を配りながら審査をオモシロク進めます。

いや、タイヘン。


審査結果は25日にニコニコ動画でアップされます〜。

ちなみに賞金総額25万円。

次回の応募は7月1日から。

水曜日は手塚治虫代表作の1本がアニメになるので、アニメ会社で脚本の打ち合わせ。

長い原作をどうやって2時間以内の映画にまとめるか。

その方向性を皆で討議します。

シナリオ会議とは、意見の異なる同士の、いわば闘いです。

気力と作戦で進めます。

ちなみにぼくは監督ではありません。

残念ながら。

夕方からCMの仕上げ(CG合成部分と編集)打ち合わせをして、
夜は川崎のスタジオでセットの下見をします。

セットの下見というのは、ただ出来上がりを確認するだけではなく、

どう撮影するかを具体的に検討しながら、

何が必要でどこを改善しなければならないか、
その場で指示しておかなければなりません。

究極のアナログ・シュミレーションです。

もっとも、

どんなに話してあっておいても、現場で変わることはありますが。

クリエイティブな仕事とは、そういうものです。

木曜日は映画の契約の話やら経理の打ち合わせといった「お金」の話があり、

学校関係の打ち合わせの後、

朝日新聞社主催の「手塚治虫文化賞」の受賞式に出席。

今年の受賞作は、

大賞が『もやしもん』。

新生賞が『トロイメライ』。

短編賞が『グーグーだって猫である』。


『グーグー…』の大島弓子さんは欠席で、
代理で駆けつけたのがなんと、
小泉今日子さん!

実は『グーグー…』の映画化(9月に公開)で、大島さん(をモデルにした)役を演じました。

スターの登場で、受賞式は一層、華やかになりました。

実はこの映画化、監督をした犬童一心さんとはお互い高校生の頃からの友人で、
学生時代ともに映画をやっていた仲間です。

犬童さんとも会場で久しぶりに再会できました。


ところで、毎年ぼくは来賓として挨拶をすることになっています。

蒼々たる文化人やら漫画の大御所やら、大手出版社の社長や評論家の先生方を前にしてのスピーチは、さすがに大役で緊張します。

なんたって朝日新聞だし、

しかもKyon×2のあとだし。
(>_<)

金曜日と土曜日はCMの撮影でした。

今度こそ監督です。

テレビでは流れないCMなんですが、

ぼくが監督するということで、

映画の優秀なスタッフたちが参加してくれました。


1日めは都内ロケセットで、昭和30年代の家庭を再現。

2日めはスタジオにセットを組んで撮影。


出演に嶋田久作さんや伊藤克信さんら味のある個性派がそろって、
ずいぶんと豪華な30秒を4本撮りました。

しかし両日とも天気もよく問題も起きず、

子供やら、猫やら虫やらも出演したのですが

さして手間がかかることもなく、

あっけなく18時終了。


見極めよく、早撮りなんです。

一気に書いてしまいましたが、

これ以外にもまだ公にできないことも含めて、

怒濤のような1週間でした。

15:29

コメント

えぇっ!!手塚作品がアニメにっ(°д°;)

待ってましたよ!!
何の作品がアニメになるんですかっ?

教えて下さいね。

七色いんこのあたりがいいんだけどな。

投稿者:
Jun 15, 2008 5:47:20 PM

一週間、お疲れ様でした!(^-^)
読んでいるだけで大変さが伝わります(;´∀`)
今日、私はやっと日が開いて眞さんが出演しているサイエンスZEROを見ました♪
眞さん、可愛かったです♪白い毛が和みます(*^.^*)
共生っというテーマ面白かったです(^ω^)

また、出演したら教えて下さいね♪
もう始まってますが、また、一週間頑張りましょうね(*^-^)ノシ
失礼します☆☆

投稿者:
ロコ
Jun 16, 2008 10:17:33 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム