Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/18/2008

SYNCHRONICITY

すでにネットなどで話題になっていますが

『ブラック・ジャック』のマンガで、先日の東北地震が予言されていたという。


「もらい水」という、テレビアニメでも人気があったエピソードの中に

「6月14日午前8時ごろ 東北一帯にマグニチュード7.5の地震発生」

という文章が出てきます。

日にちや時間まで似ていますね。

これは予言?

こういう偶然の一致は創作物にたまに起こります。

有名なのはタイタニック号の沈没の14年前に、
イギリスで出版されたモーガン・ロバートソンの『徒労』という小説で、

「タイタン号」という「豪華客船」が「4月」に「大西洋」で「流氷」にぶつかり沈んでしまう、

という内容でした。

乗客数や救命ボートの不足など、細かい部分もそっくりでした。


こんな意味深い偶然の一致を
「シンクロニシティ」
といいますが、

それがなぜ起きてしまうのか、今の科学ではまだ説明されていません。

もしかしたら古い時代の科学 ―現代なら迷信と呼ばれてしまいますが― は説明できたかもしれませんね。


ただ『ブラック・ジャック』が描かれたのは30年近く前。

ちょっとのんびりした予言ですね。

手塚治虫はロボットや未来都市の姿などを50年以上前に予言していた、
どうしてですか?

とよく尋ねられますが、

ロボットや未来都市は手塚治虫が生まれる頃からすでに話題の映画や漫画になっていました。

そのイメージを借用しただけです。

ただし、
『鉄腕アトム』などを読んで育った人々が、
それを心の中のイメージとして、その後の世の中をそっくりに作り出した、

ということはあるかもしれません。


まあ、いずれにせよ創作という行為は、
少なからず神憑った部分がありますからね。

08:47

コメント

手塚治虫先生はすごい。鉄腕アトムとかブラック・ジャックなどの大ヒット作品を作ったから。

手塚先生はどのような発想力を持っていたのでしょう?

投稿者:
Jun 18, 2008 8:44:47 PM

ブラックジャックの予言、すごいですね。30年でも確率的には相当低そうです。

書き手の力がそうさせるのか、それとも予言の力があるのかということでしょうか。

科学で解明できないことが起こると不思議と気分が高揚します 笑

投稿者:
小百
Jun 23, 2008 9:28:42 PM

ん〜!!シンクロニティって不思議ですねぇ!(・∀・)
偶然の神秘と訳をしたいです(^ω^)
でも、地震などの災害がシンクロニティするのは嫌ですねぇ…(´・ω・`)
今日も良いお勉強になりました☆

投稿者:
ロコ
Jun 25, 2008 2:14:48 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム