Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/20/2008

UNK

6月24日から京橋のフィルムセンターで

PFF30回記念

「ぴあフィルムフェスティバルの軌跡 vol.1」

という特集上映があります。

PFFはアマチュア映画の老舗フェスティバルで、

新人監督の登竜門的存在ですが、

過去ここに入選した、

森田芳光から長崎俊一、石井聡亙、塩田明彦、松岡錠司ほか、

現在活躍中のベテラン監督の、アマチュア時代に作った8mm映画が見られます。


ぼくは79年の第3回に『UNK』という15分の8mm映画で入選しました。

これは17歳、高校2年生のときの作品で、

2番めに作った映画です。

はじめて作った『FANTASTIC☆PARTY』という映画は他の映画祭で受賞しましたが、

PFFでも上映されました。

3番めに作った短編も第4回PFFに入選しているので、

ぴあにはずいぶんお世話になっています。

m(_ _)m


ぼくと、同じ年に入選した犬童一心監督のふたりが高校生だったので、

当時は

「高校生監督が現れた!」

と話題になったものでした。

『UNK』はたったひとりの出演者、台詞なしで、

ひとりでチマチマ作った個人映画です。

上映されるのは

6月26日14時と、
7月8日18時の2回。

もちろん、8mmフィルムで上映します。

http://www.momat.go.jp/

ところが、

その同じフィルムセンターの大ホールでは、
ちょうど長谷川一夫と衣笠貞之助の特集をやっています。


衣笠さんは、ぼくが日本で一番尊敬する映画監督です。

歌舞伎役者出身で、日本映画の創世期から活躍した名匠です。

53年の『地獄門』で日本人初のカンヌ国際映画祭のグランプリを受賞。

審査委員長だったジャン・コクトーに絶賛されました。

ドイツやロシアにも訪れて、

戦後から国際的に知られていた日本人監督でした。


人情映画から文芸作品、純粋なアート映画まで、
多種多様な映画の美を追求した映画作家です。


今回の特集では、長谷川一夫主演の名作はもちろん、

『狂った一頁』『十字路』など初期のアートフィルムから、滅多に上映されない佳作まで、

34本も上映されています。


映画職人の匠の技が堪能でき、

観ればみるほど勉強になります。

今回みられて感激したのは、

『新・平家物語 義仲をめぐる三人の女』。

木曾義仲は誰かが映画化しているだろうと思っていましたが、

まさか衣笠さんだったとは・・・。

木曾義仲を長谷川一夫、巴御前が京マチ子。
手塚太郎光盛こそ出てきませんが、

なかなか迫力のある作品でした。

16:34

コメント

映画見たいですがお金が…(ノ∀`) アチャー
名古屋に来たら絶対に見に行きます!!
映画loveです♪♪
一瞬を繊細に積み重ねた記録という素敵なモノですからね(^∀^)

投稿者:
ロコ
Jun 25, 2008 2:23:54 AM

Hi, interesting post. I have been thinking about this topic,so thanks for writing. I will definitely be coming back to your posts. Keep up great writing

投稿者:
I Was Able to Lose T h i r t y P o u n d s in Only a Month
May 6, 2009 12:32:07 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム