Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/27/2008

SUMMER SEMINAR

顧問をやっている

日本工学院専門学校クリエイターズカレッジ八王子校で、夏の特別ゼミとして

映画製作講座

をやりました。

3日間にわたって、実際に撮影体験しながら映画作りを学ぶ、

という短期集中ワークショップのような授業です。


ぼくはふだんは先生ではないのですが、

こうした特別な機会には先生もやります。

「先生」と呼ばれるのはとても苦手ですが。

最近は小学生相手に話をしたり、社会人に映画を教えたり、

なんだか教育系仕事が増えてしまいました。


今回のゼミでは、

自分が書いた簡単なシナリオをもとに、生徒さんに撮影をしてもらい、

それをまた編集して授業をするという流れを考えたのですが、

3時間で3本のストーリーを撮ることになって、

しかも編集と録音の作業で(ソフトのトラブルなどもあり、)徹夜になってしまい、

タイヘンでした。

身から出たサビとはこのことですね。

その間の睡眠時間が計4時間・・・


最後の授業のあとは、
PFF(ぴあフィルムフェスティバル)30周年の記念パーティに行きました。

ぼくが入選したのは第3回で、79年のこと。

当時の仲間やら先輩の監督、映画業界の蒼々たるメンバーが集って、なかなか壮観でした。

阪本順治、松岡錠司、犬童一心、利重剛、

なんだか同窓会のよう。

しかし、みんな学生の頃からそれほど変わっていなくて、

まだまだ少年のような顔をしている。

誰も「オヤジ」臭くなくて、眼がきらきらしているのがいいですね。


いま映画を学ぶ学生たちも、そうであるといいな。

03:22

コメント

なんかいつも先生とか呼ばれていないのにいきなり生徒たちに先生と呼ばれると変な感じですよね。

私も漫画の専門学校に通ってますが、講師が漫画家さんやイラストレーターさんや原作者さんでばっかりです。

その先生たちも先生と呼ばれてどう感じてるのかなとか思っています。

投稿者:
Jul 27, 2008 8:38:29 AM

私は眞さんの教えている授業風景を見たいです(*^_^*)♪
見ているだけで幸せです♪
自分は眼にあまり自信はありませんが眼を少女マンガのようにキラキラさせるよう頑張りますWw
今日もお疲れ様でした(^▽^)っ旦~~

投稿者:
ロコ
Jul 28, 2008 3:38:38 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム