Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/13/2008

NYLON 100%

80年代、

ストリートカルチャーのキーワードは「おしゃれ」と「ビョーキ」でした。

そこでぼくはおしゃれでなくビョーキですらない日本映画界に見切りをつけて、

ライブ・ハウスでミュージシャンとばかりつきあってました。

9日と10日に代官山UNITで行われた「ナイロン100% 30年記念ライブ」には、当時の友人たちが勢ぞろい。

なんて生やさしいモノではない、

めちゃめちゃ‘濃い’ライブでした〜。

懐かしいどころか、

時間が30年戻った夢を見ているみたいで、

鳥肌もの。


ケラがしきりと「楽屋、ヤバイ!」を連発していましたが、

あまりに豪華な顔ぶれに、本当にクラクラしました。


伝説のライブハウスのイベントに伝説のバンドが揃って、

このイベント自体が伝説になってしまいましたね。


上野耕路さんの新しいオーケストラ(15人編成!)はアカデミックと大衆音楽の狭間にたゆたう独自のポップさが素晴らしかった。

上野さんは何度か映画のサウンドトラックをお願いしたことがあるのですが、

そのうちひとつは黒澤明監督のメイキング・ビデオでした。

「黒澤監督のテーマ曲を作って!」

というムチャな依頼でしたっけ。


ひさしぶりのポータブルロック。

野宮真貴さんにはそのムカシ、ビデオの小道具でアクセサリーをお借りして、そのまんままだ返してません。

野宮さんシッカリ覚えてました。

スミマセン〜。


ゲストの鈴木慶一さんとは『ボディドロップ・アスファルト』という映画であがた森魚さんとともに共演しましたね。


すっかり演劇界の巨匠になったKERAは、
有頂天時代のように元気に飛び跳ねながら歌いました。

そうそう、ぼくがプロデュースしたCDでも歌手として参加してくれましたっけ。


プラスチックスのトシちゃんこと中西俊夫さんもひさびさに

「♪コピコピコピ〜」

と歌ってくれました。

トシちゃんとは最近もクラブなんかでよく会うし、むしろムカシより仲良く話すようになったかも。

ピテカントロプスでの「メロン」のライブが懐かしい。


そして8 1/2 のシンゴ!

もちろん、ぼくの商業映画デビュー作の主役です。

相変わらずドジぶりは治りませんが、

でも格好いいよ。

さすが戸川純をして

「うたの先生」

と言わしめるだけあります。

2日め頭を飾ったサエキけんぞうさんは、

ハルメンズ時代のナンバーを歌いました。

ぼくがPVを作っていたのは「パール兄弟」でしたが、

ハルメンズは大好きでライブも見てました。

もともと戸川純ちゃんや野宮真貴さんも歌っていたグループでしたよね。


スペースポンチとしてステージに立った岸野雄一さんは、

相変わらず妙な雰囲気を醸し出していますが、

ぼくらの8mm映画の客であり、スタッフでもありました。

そして彼がいなかったら、ぼくはすてきなミュージシャンたちと知り合わなかったかもしれません。

恩人ですね。


東京ブラボーのカンちゃんこと高木完。

もちろん映画『星くず兄弟の伝説』のもうひとりの主役。

『ブラックキス』ではサントラ担当でした。

ヒップホップ、DJといろいろこなしてきた完ちゃんは、

でもやっぱり東京ブラボーが1番自然だしカッコいいよ。

当時も、いまも。


ゲストで参加した近田春夫さんは、

『星くず〜』の原案・製作総指揮で、

彼がぼくをそのオチャメな映画の企画に誘ったのです。


ライブの最後を飾ったのは、歌姫戸川純ちゃん。

彼女と上野耕路さんのユニット「ゲルニカ」のライブは通いつめましたっけ。

『星くず〜』には1カットだけ特別出演してくれました。


この日は体調よくないのに頑張ってのライブ。

輝いてましたよ。

みんな、まるで当時のまま、

いや、当時よりも迫力もあって、

素晴らしいパフォーマンスでした。


お疲れさまでした、

拍手、拍手。


そして、
こんな「おしゃれ」で「ビョーキ」な
素敵な仲間が、

全員が友達で、みんな知り合いだということに感謝しなければなりません。


どうも、ありがとう。

23:39

コメント

楽しめてなによりです(o^T^o)♪
私もその歳まで仲良く出来る友達が欲しいです☆☆

投稿者:
ロコ
Jul 16, 2008 8:33:14 PM

僕もこのライブ行きました。
当時、僕は子供だったのでいけませんでしたが、今の若い人にはこんなコミュニティがないですね。
これだけ新しいものが生まれる勢いがない。
がんばんなくちゃ!

初めてライブ見たけど戸川 純さんと上野さんとヒカシューさんにやられました。

投稿者:
Alex from KazuNoco
Aug 7, 2008 8:44:11 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム