Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/04/2008

TAKARAZUKA

今日は宝塚で、

小学生への公開授業をやりました。


手塚治虫の話を中心に、

平和や幸せに生きることについての話です。

小学6年生のみんなはまじめにきちんと話をきいてくれて、

うれしかったですね。

1時間の授業で誰も寝ていなかったし。


今日彼らに話したのは、

「お金持ちや有名になることでは幸せになれない」

「自分のことばかり考えていたら幸せになれない」

「友達や家族やまわりの人を大切にして、思いやりを持とう」

「一生懸命打ち込める夢を持とう」

「あせらず、ゆっくり考えていこうね」

といった話でした。


午後はまた京都へ戻り、

写真作品の撮影です。


今日のモデルは「東京モダンアート娘」改メ「SLIT」のmiyoさん。

着物姿がなかなかです。

知人のツテで古い町屋を借りて撮りました。

傾いていて、かなり味のある家でした。


近所にあぶり餅の店があって、

京都でもここでしか食べられない珍しい名物です。

独特の感触で、

癖になる味です。


向かい合わせに2軒だけ店があって、

客の取り合いをしています。

かたや‘元祖’でかたや‘本家’。

今日は本家に立ち寄っていただきました。


明日はまた東京で、

イメージフォーラム付属映像研究所の講師をします。

本当に、

行ったり来たり、です。

22:15

コメント

私も実際に友達とコミュニケーションがとれず、悩んでいます。

もしかしたら自分の事ばかり考えているからかもしれないと思いました。

友達想いな人になれるよう努力したいです。

投稿者:
Jul 4, 2008 11:43:44 PM

お父様の手塚治虫さまは、<テラ>空中都市
ご出身、他に、ビルゲイツさん、カールセーガンさんなど、天才の方々が、多いところと
メッセージ受けていました。益々の、ご活躍
期待しています。

投稿者:
minnya
Jul 5, 2008 11:57:36 AM

行ったり来たりお疲れ様です(^∇^)
宝塚の小学生の子たちは眞さんの出会いにより考え方が変わった子もいたでしょうね☆☆
子供に何かを教えるというのは難しいですが素敵なお仕事ですね(^-^)
お餅、私も食べてみたいです♪

投稿者:
ロコ
Jul 7, 2008 9:56:19 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム