Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/05/2008

BRIDGE

前にも書いたことですが

家の近くの石神井川が河川工事をしていて、

そのせいで橋が使えず不便しています。

それが今年3月に完成という予定が6月となり、

ついには8月に延びました。

それって、どうなんですか??


自然相手の工事なのでたいへんなのはわかりますが、

5ヶ月も工期が遅れるのはなぜなんでしょう。

慣れた専門家がきちんと計画してやっているはずですよねえ。


もしこれが映画の制作だったら許されません。

1日のばしても予算に響くのですから。


大規模な工事が遅れるということは、

それだけ予算も増加している

ってことですよね?


作業が遅れるのはしょうがないとして、

その負担分も税金が使われているわけでしょう。


税金を払うのが遅れると、延滞税がついてさらにお金を取られるじゃないですか。

その使い道の工事が何カ月遅れても罰則はないのかしら。

計画や管理がずさんで遅れたなら、責任者に払われる報酬を見直して減らすとか、

なにかした方が公平な気がしますね。


それはそれとして。


今日はイメージフォーラムの授業で課題作品の講評だったのですが、

5人の予定がたったふたりしか提出できていない。

いろいろ事情もあるでしょうが、

やはり計画性が甘いんとちゃう?

と思ってしまいます。

素人だから

って言いわけは通用しません。


プロの方が条件きついですよ。

22:41

コメント

な、なんとそんなに延びたんですか。

工事の人たちどうしてるんでシかねぇ。
やっぱ日は守らなければならないですね。

漫画家の仕事も〆切りと言うものもありますから。

投稿者:
Jul 5, 2008 11:14:03 PM

計画性って大事ですよね。
私も学校の課題を期日までに出すように頑張っています。
しかし、他の授業の課題ともゴチャゴチャになってヒーヒー言いながら一睡もせずにやることも、しばしあります(;´∀`)
でも、プロで遅れたなんて言ったら大変なことになりますよね。
プロは時間も守ってこそプロなんですね。
大変ですねー(^_^;)
私も頑張ろう☆☆

投稿者:
ロコ
Jul 7, 2008 10:02:54 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム