Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/08/2008

INDIEE

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観ました。

やっぱり面白かったです。


もう、こうなると歌舞伎みたいなものですね。

どんな飛躍したハチャメチャな筋でも、ちゃんと映画の演出がわかっているヒトが撮ると、

楽しく観られるというお手本。


30年前にスピルバーグ監督の映画で‘目覚めた’ぼくには、懐かしい場面(と演出)のオンパレードで、

まるでスピルバーグ演出の総決算のようで、

本当に嬉しくなっちゃいました。


特に『1941』以来、自ら御法度にしていたリズミカルなドタバタ・アクションの演出が、

当時の勢いのままやられていたのには、

懐かしさを通り越して感動が。


だって、サルの群れと一緒にツタをツタってジャングルを飛んでゆくんですよ!


そうそう。

映画 ってコレだよな。


理屈やリアリティばかりじゃなくて。


今でいう、ツッコミどころも必要なのですよ。


最近、観たあとにこんなに楽しく語れる映画はありません。

17:08

コメント

インディージョーンズいいですね。

スピルバーグさんの映画は好きです。

投稿者:
Jul 8, 2008 11:25:34 PM

インディ・ジョーンズいいですよね(^∇^)
冒険映画の元祖ですよね♪
ジョーンズが格好良すぎます☆☆
しかし、自宅から車か電車で一時間行かないと映画館がないので凹みます…
田舎はこういうところが不便です(;´∀`)

投稿者:
ロコ
Jul 9, 2008 10:59:34 AM

こんにちは。

私も『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』観ます♪

投稿者:
BB sayuri
Jul 9, 2008 3:37:59 PM

お約束レイダースののシーンが、今回スケールが倍以上になって出てきたのには、感動しました。

投稿者:
溝口友作
Jul 9, 2008 4:09:26 PM

サービス精神満載の復活作,
めちゃくちゃ楽しませてもらいました。

ハリソン・フォードの健在ぶりが嬉しかった!!

投稿者:
AKIRA
Jul 9, 2008 6:05:59 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム