Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/09/2008

SUMMER STORM

標高2000メートル級の山にロープウェイで登ったら、

激しい雷雨が訪れて、

ロープウェイが止まってしまいました。


乗っていなかったので幸いですが、山の上で足止めです。


地上付近は大嵐で停電になっている様子。


観光シーズンなので山の上には数百人がいて、
食堂や売店もあるので何も心配はないのですが、

本当、ロープウェイの中に閉じこめられなくてよかった。


映画屋はこういう状況で、つい過酷な想像を巡らせます。

このまま嵐がおさまらず、地上に戻れなかったらどうなるか、

雷雨の中を徒歩で下山しなければならないとか。

ロープウェイの駅から町まではさらにバスで30分、山道を下らねばならないのです。

バスも走らなくなったら最悪。


なのでこんなときは、
なるべく何も考えず、

ぼんやりしているに限りますね。

この程度のトラブルは一興(アトラクション)と思えば、

自然と寛ろいだ気分になって、笑みもこぼれてきます。


人生は楽だけじゃつまらない。

たまには嵐も受け入れなければ。


もっとも、

映画作りはいつも嵐みたいなものですが。

いまいくつかある映画の企画には、ふたつの方向があって、

ひとつは

「これぞ映画」といった王道を行くタイプの娯楽作品で、

もうひとつは

観たこともないような新しいタイプの映画。

どちらも作るのはタイヘンです。


どちらかに絞りたいところですが、

性格的にいうと、

両方やってしまうのが自分らしいのでしょうね。

13:39

コメント

山の上で大変でしたね(>_<;)
こっちも昨日雷が長く激しかったので怖かったです(((('д`;))))

でも、たまの嵐もいいかもしれませんね
嵐があると嵐を抜けられた喜びを感じれますし(^-^)♪
映画とても楽しみにしています!!
頑張って下さい!(o^-')b

投稿者:
ロコ
Aug 9, 2008 10:45:52 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム