Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/08/2008

DISNEY

しかし、

本当は歌舞伎なんか観ている場合じゃなくて、

アニメ『森の伝説』のコンテをやっています。


父の残したシノプシスがあるとはいえ、

なんたってアニメは絵コンテが命

――というかシナリオ代わりで演出の要。


そもそも『森の伝説』は、30年近い構想を経て製作されたものですが、

その企画意図には

「なによりもディズニーの偉業に対する尊敬と追悼の意味をこめて」(手塚治虫 1987)

とあります。


そして今回てがけている第二楽章の説明に

「最盛期ディズニー作風の再現」

と記されています。


ということで、

ディズニーの『バンビ』や『ファンタジア』を参考に見直しているところですが、


観れば観るほど――

そして息抜きに歌舞伎なんか観たものですから、

ディズニーのアニメと日本のアニメは感性の根源が違うなあ、

と感じてしまって。


いや、アニメに関わらずですが。


マンガでもアニメでも、描写は現実の単なる模倣ではなく、

あるところは誇張であって、

ある部分は省略や整理なのですが、


この誇張や省略の芯というかコアになる感性が、

やはり日本と西洋では違うな、と。


つまりディズニーと手塚治虫は何が違うかというと、

ただ時代とか経済とか状況とか才能の差だけではなく、

民族に内包される視覚や感覚や創造力の差があって、


写実の大胆な誇張としての表現と、

情感を意識して抽象化の上での誇張や省略は、

やはり全然ちがう。


もちろん後者が日本的な感性であるのは言うまでもありませんが。


だから、この『森の伝説』という企画は少し難しいです。

西洋の技術(型)と日本の感性(眼)の融合でなければならないので。

まあ、それがそもそもの手塚治虫らしさではありますが。

ところで、

話かわりますが、

歌舞伎の花道の元は、能の橋掛りだと思いますが、

なぜ舞台の左側にあるのか、

ご存知の方はいますか?


「なぜ左なのか?」

が、

いま密かにマイ・ブームなんです。

22:24

コメント

こんにちは。

日本の演劇だけが、舞台の「上手」「下手」という言い方をします。
英語では、ただの「ステージ・ライト」、「ステージ・レフト」……右左です。

これは、
「上手側」が基本的に「内」であり、
「下手側」が「外」という感覚で舞台空間を作るからであり、
(歌舞伎では、建物が必ず「上手側」に寄せてあり、「下手側」に出口と戸外があります。)
従って、花道は下手側に付きます。

「出し物」によっては、仮設で上手側にも花道を作り、
「両花道」にして演出される舞台もありますが、
上手側にしか花道がないという芝居はありません。

さらに書けば、日本の感覚では、
上手→下手の流れが、基本的な流れで、
下手→上手は、逆流です。
さらに、上手→(下手側の)花道という流れは、
演出上、最も効果的な流れなので、
花道へ退場というのは、
芝居の最後のクライマックスにしか使いません。

逆に花道からの登場は、最大の逆流なので、
余程のアクション(突然の大事件の報告「大変だぁ!」みたいなこと)か、
主人公の入場にしか、使用されることはありません。

 まあ、他にも細かいことはあるのですが……
 とりあえず。

投稿者:
吉村八月
Sep 8, 2008 11:04:13 PM

手塚先生のアニメを必ず完成させて下さい。応援します。

絶対アニメ見ますから。

投稿者:
Sep 9, 2008 10:03:11 AM

歌舞伎の花道の元が左にあるのは何故か分かりません(>__<)ノ
頑張って下さい♪

投稿者:
ロコ
Sep 12, 2008 12:57:52 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム