Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/07/2008

GENJI

新秋九月大歌舞伎で

『源平布引滝』

をやっているので観に行きました。

今は海老蔵の活躍の場となる新橋演舞場です。


演目に、

『義賢最期』

『竹生島遊覧』 (77年ぶり再演)

『実盛物語』
が3つ揃って、

木曾義仲の父・義賢が討たれてから、

その義仲が生まれるまでの逸話を、

かなり大胆なフィクションにアレンジした通し狂言です。


特に『実盛物語』は、

「手塚」の家名の由来が語られる話で、

子供時代の手塚太郎光盛が登場するので、

親近感がわきます。


海老蔵の義賢と実盛が、武士の鏡のようないい男を演じます。


はじめて観たのは15年ほど前で、

その時の実盛はたしか勘九郎(いまの勘三郎)でした。


今回わかったのは、

義仲が江戸時代には意外に好かれた英雄だったこと。

徳川時代はまだ武士らしい姿勢の武士の話が好まれたのでしょう。

義仲が朝敵のように扱われてしまうのは、わりと近年なのですね。


秋には義仲ゆかりの木曽の地をめぐるつもりなので、

なんか今回の公演はタイミング良かったです。


ところで

歌舞伎を観ていると、
日本のマンガやアニメの表現が、なぜ西洋と違うのか、よくわかります。


その話は長くなるので、

またいつか。

22:58

コメント

上田市「手塚」の地名の由来としてこんな伝説があります。

天武天皇の孫に当たる塩焼王の密謀が発覚し、坂上田村麻呂に誅され、その時両手を切って埋めたというのです。

手の塚→手塚というんですが、ちょっとというかかなりコワイお話ですね。

投稿者:
左京亮
Sep 8, 2008 12:49:55 PM

歌舞伎は前夜中にBSで見ました♪
3時間もやったので役者さんはすごいな〜と思いました(*^_^*)
戦うシーンはただ戦うのではなくて魅せる戦いなので独特な歌舞伎の表現が素敵でした♪
一度は生で見てみたいです(^O^)/

投稿者:
ロコ
Sep 10, 2008 2:00:50 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム