Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/10/2008

KISOJI

中山道の木曽路にはかつて11の宿場町があったようで

現在往事のなごりを残しているのは

妻籠宿、 馬籠宿、 そして 奈良井宿

の3カ所のみ。


妻籠と馬籠は有名ですが、

それだけに観光地になりすぎて

俗なパワーが強くしみついているといいますか

町並みがテーマパークになりすぎてしまっています。

きれいに作りものすぎる感じ。


奈良井は実際にまだ人々が暮らしているので、

「本物」の空気があって、

そこ、ここに清廉な趣が感じられ

すがすがしいのです。


早朝、町をそぞろ歩けば、

古式豊かにさりげなく飾られた家々は

御伽の国のようで、

窓からお年寄りが顔をだして

「おはようございます。寒いわね」

と声をかけてきます。

いいえ、寒くありません。

気持ちはあたたかくなります。


日本人の美学とあたたかな心に自然に出会えて、

それだけで落ち着きます。


もし皆さんが木曽路を旅するなら、

奈良井は是非とも訪れてほしいところです。


さて今日はその奈良井から南に降りて、

木曽義仲が幼少期を過ごしたという日義村へ行き、

義仲ゆかりの史跡を巡りました。


菩提寺である徳音寺にあるお墓にもお詣りしました。


そういえばかつて『白痴』を作る際も、

新潟(新津)にある坂口安吾の墓参りから始めたことを懐かしく思いだしました。

ぼくの映画作りはなんだか墓参りから始まりますね。


木曽も北の方、

このあたりや奈良井はまだ踏み荒らされていないというか、

静かで清廉なエネルギーに満ちていて、

来訪者にはうっとりするような土地です。


紅葉も美しかった。


こういう、

「日本」が途絶えず続いている場所に行くと、

ホッとします。

23:51

コメント

私もいつか木曽路に行ってみたいです(^-^)
馬籠へは祖母が前に行き水車や古い街角などがあり紅葉の時期だったので人が混んでいたと聞きました。
昔の日本がある場所は何か落ち着きますよね。
昔の場所は今のような金属やガラス、プラスチックがあまりなく自然が身近にある状態が近かったので、なお落ち着くんだと私は思います(^-^)
ますます木曽路へ行ってみたくなりましたWw

投稿者:
ロコ
Nov 11, 2008 5:12:47 PM

行ってみたいです。時間があれば行ってみようかな(笑)

投稿者:
Nov 11, 2008 8:25:15 PM

初めまして。

今日はどんなことが書いてあるのか、
ブログの更新をいつも楽しみにしています。

お仕事頑張って下さいね!

投稿者:
さやか
Nov 11, 2008 11:23:15 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム