Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/16/2008

新聞か何かで紹介記事を読んだ映画があって、

ちょっと興味があったので

後でもう一度探したら見つからず。


おかしいな。

どこを探しても記事は出てきません。

映画案内をチェックしてもそれらしい作品はなくて、

消えてしまいました。


たしか題名に「S」がついて、

『S・なんとか』か『なんとかのS』で、

ヒュー・ジャックマンが出演していて、

秘密クラブが出てくるサスペンスもの

だと思ったのですが。


周りの誰にきいても

「知らない」

というので、

夢で見たのかもしれない。


いや、きっと夢だ。


ということになりました。

しかし奇妙な夢といいますか、

題名も謎めいているし、

ヒュー・ジャックマンというところも妙にありそうで、

さすがに自分らしい夢だなあ〜。

と思って数週間たったらば、


『彼が二度愛したS』

という映画の上映が始まったではありませんか。


なんだ、夢じゃなかったんだ。

ここまで気になったら観るしかないと、

劇場にいきました。


やはり秘密クラブが出てくる恋愛ミステリーで、

とてもスタイリッシュな映画。


ユアン・マクレガーとジャックマンという

イケ面ふたりの競演がなかなかでした。


ミステリーとしてはスタンダードですが、

とにかく画面がきれいで良かったです。

映像の美しさ、

いまの日本映画に欠けているところです。


昔の日本映画は隙がなく本当に美しかったのに。


だからやっぱりぼくは外国映画を観てしまうのですね。

映画は美しいほうが好きだから。


どんなきたない内容でもね。

20:56

コメント

私も映画好きです。SFやファンタジーが多いですね。

DVDでもよく見ますし、平成生まれな私ですが、チャップリンの映画が好きなんです。

投稿者:
Nov 16, 2008 9:05:58 PM

コメント2回目でございます(*^▽^*)/

今日、ニュース見ていたらミッキーマウスが80歳を迎えたそうですね。
手塚治虫先生も80周年と言う事は、ミッキーマウスと一緒って事になりますね。

投稿者:
Nov 19, 2008 5:56:16 AM

私は映画は内容で見る派です(*^_^*)やはり眞さんのような監督レベルの方になってくると視点が違って来るのですね(゚o゚)
さすがですね(^_^)

投稿者:
ロコ
Nov 22, 2008 9:34:29 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム