Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/12/2008

FAMILY

そのあと。

このところお気に入りの昼神温泉へ泊まりました。

ここはまだ30年ほどの歴史しかない温泉郷ですが、

それだけにまだ荒らされていない、

静かで隠れ家的な場所です。

もちろんお湯はしごく良い。


お気に入りは

石苔亭いしだ

というきれいな旅館なのですが、

ここの朝食には

「短歌膳」

というメニューがあって、

これはご飯、味噌汁を入れ なんと 31品目が並ぶという

ぜいたくでユニークな朝ご飯。

ひと口サイズの食材が白くかわいい器に載って、

碁盤のようにずらり並ぶ様は眼にも美しく、

どこから食べてもおいしく、

ちょっとハマります。

と、
ふつうブログではここで写真があるものですが、

すみません。

ありません。


なにしろ携帯が古くて写メールが満足に撮れないもので。


なさけな〜い。

(>_<)


ところで、

長野は手塚姓が多いのですが、

奈良井宿にも自宅を

「上問屋史料館」

として公開しているのが手塚さん。

江戸から明治にかけて、270年間も問屋と庄屋を勤めてきた家だそうです。


問屋は卸問屋のことではなく、

「といや」と読んで、

幕府の役人や諸大名のための馬や人足を管理運営する仕事です。

お隣の木曽平沢宿は

有名な木曽漆器の町なのですが、

そこで7代続いている老舗の漆器屋さんが

「ちきりや 手塚万右衛門商店」

で、

こちらの手塚さんも江戸から続く職人のお家ですが、

なんでも義仲が家来、手塚太郎光盛の子孫といういわれもあり、


ということは

ウチとは遠〜〜〜い親戚かもしれず、

なんだか親近感がわきました。

http://www.chikiriya.co.jp/

もちろん現当主の手塚英明さんの腕も見事で、

ここの漆器は木曽平沢を代表するかのように本当に美しく、

ユニークでもあり、

なんだか見とれてしまいました。


同じ「手塚」族としてちょっと嬉しいのでした。

23:42

コメント

平沢の手塚さんのお話は、小生も聞いたこと
があります。

光盛の隠し金山の伝説に関係する手塚さんも
いるそうですよ。

投稿者:
左京亮
Nov 13, 2008 8:47:10 AM

手塚族にはいろいろと歴史がありますね(^∀^)ノ

これからも手塚族の歴史をこのブログで読ませて下さい。

投稿者:
Nov 13, 2008 8:53:01 AM

お料理美味しそうですね♪(^O^)/私も手塚という名字に生まれたかったです♪

投稿者:
ロコ
Nov 22, 2008 9:22:02 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム