Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/02/2008

ACADEMY

東京文化発信プロジェクト

「手塚治虫アカデミー」

いよいよ開催です。


手塚治虫の作品を語りながら、日本のマンガやアニメについて考える2日間。


これを父の80歳の誕生日に開くのは、ぼくの念願でした。

なんとか間にあった、

という気持ちで感無量です。


2年前にこれを思いついたときには、

「まだ2年もある」

と余裕だったのですが、

こうしたフリーの企画は、なかなかうまく進まないものです。


自分で企画書つくって、あちこちの会社をまわりました。

どこに行っても

「いい企画ですね」

と言ってはもらえるものの、

「わたしたちのところではできませんね」

と断られてばかり。

‘手塚治虫’の企画だからって、世間は甘くないんです。


断わられては営業に行き

と繰り返して、

(かなり偶然だったのですが)

やっと理解と情熱ある方々にたどり着き、

こうして実現できたという。


ひとつひとつ、想いを企画にして、

それを成立させるには、時間と根気が必要です。


人気あって有名なものだから簡単にできるだろう、

なんてとんでもない。


ぼくはあきらめが悪いので、

途中で投げ出さずにがんばると、

運の女神が微笑んでくれるのです。


さて、

これからが本番。


プロデューサーと司会(ナビゲーター)を兼ねているものですから。

00:50

コメント

企画をたてるのに、こんなに苦労するのですね・・・。知りませんでした。
でも私は、手塚治虫先生の誕生日に、手塚治虫記念館に行きます。そして手塚先生の住んでいた家も見に行きたいと思ってます。今まで何回も行ってるのに・・・何処かわからなかったんですよ笑

投稿者:
Nov 2, 2008 11:33:10 AM

あ~~~行きたかったなぁ・・・
この情報をしったのは〆切りの後
ずーっと以前から大好きだった人の誕生日を見落としていたなんて!

しかも自分と同じ誕生日だったなんて!!!


投稿者:
おばちゃんです
Nov 2, 2008 11:49:35 PM

初めまして。いつも拝見しています。初めてのコメントです。足を怪我していていけないんです。きっと沢山のヒトがお祝いの言葉をくれる。そんな素敵な言葉を私も聞きたいです。なんだか今日は気分がいいです。

投稿者:
そら
Nov 3, 2008 5:43:46 PM

アカデミー行きたかったです!(>_<)
また、機会があったらぜひ行きたいです!(σ^ω^)σ

投稿者:
ロコ
Nov 4, 2008 9:21:37 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム