Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/04/2008

EROS

「手塚治虫アカデミー」

2日めは、ふたつのプログラム。


「アトムの時代」

はパネラーに、 富野‘ガンダム’由悠季監督、荒俣宏さん、大森一樹監督、そして石上三登志さん。


「女性マンガの世界」

は里中満智子先生、萩尾望都先生、手塚るみ子(妹)さん、藤本由香里さん。


という、

今日も豪華で強力なメンバーでした。


180分のシンポジウムが連続ふたつで、
さすがにかなりエネルギーを使いましたが、

無事終わりました。


期待通りものスゴイ密度のディスカッションになり、

2年間かけて企画してきて良かった、

とホッとしました。


詳細を伝えられないのが残念。


とはいえ至極くつろいだ雰囲気で、

かなり専門的な話や深い洞察がありながらも、

堅くならず楽しく話を聴くことができたのは、

これもやはり表現者として一言持った大人たちが集まったから。


なかなか他では聞けない貴重な想い(本音)を語っていたり、

何よりも皆さん全員が手塚治虫を尊敬してやまないという気持ちがダイレクトに伝わってきました。


謀らずも男性チームと女性チームの表現の差がおもしろく、


しかもどちらも手塚治虫マンガを語る重要なキーワードとして

「エロティシズム」

を挙げたところが痛快でした。


参加パネラーの皆さん、本当にありがとうございました。

そして司会をやってくださったさとう珠緒さん、

大役お疲れさまでした。どうもありがとう。


主催していただいた東京都、財団法人東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館の皆さん、
後援の読売新聞社の皆さんに感謝いたします。


そして、
ご参加いただいた観客の皆さん、

本当にありがとうございました。


この企画は来年も続きます。

01:27

コメント

大成功で本当におめでとうございます
来年は絶対行きたいです
1年間、楽しみが持続すると思って我慢ですよ~(^^)

投稿者:
おば
Nov 4, 2008 1:51:39 AM

もちろん、手塚先生のこと尊敬してますよ。だって漫画界の巨匠ですから。


投稿者:
Nov 4, 2008 9:08:32 AM

楽しい会になり嬉しい限りです!ヾ(^▽^)ノ
私は来年に行けたら嬉しいです♪
漫画はやはり最高ですね!!

投稿者:
ロコ
Nov 4, 2008 9:34:59 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム