Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/23/2008

KUROSAWA

17年前に作った

黒澤明監督のドキュメンタリー

『黒澤明・映画の秘密』

がクリスマスの日にNHK・BS2で放送されます。

12月24日
午後10時53分〜
NHK・BS2


ちなみに本編『八月の狂詩曲』は午後9時から。

ぼくには珍しいドキュメンタリーです。


今年、BS2では没後10年になる黒澤監督の特集をやっていて

その一環なんですが


これは幻の作品。

販売ビデオとして制作され、

その販売会社が潰れたために絶版のまま

オリジナル・マスターの行方もわからなくなっていました。


黒澤プロからうちに問い合わせがあったぐらいです。


とはいえこちらは演出のみを依頼されたので、

作品の制作管理は別の会社でした。

NHKのライブラリーからマスターのコピーが発見されたそうです。

映画『八月の狂詩曲』の撮影現場を記録したビデオで


出演していたリチャード・ギアのインタビューなどもありますが、

なんといっても黒澤明監督そのヒトにカメラがとても寄るのが圧巻だと想います。


黒澤監督のドキュメンタリーはいろいろありますが

現場の監督に一番接近した映像ではないでしょうか。

黒澤監督は厳しい方で、撮影現場でメイキングのビデオカメラがうろうろするのを嫌っていましたが、


お話がアットホームだったのと、

当時としては最新の小さなハンディカメラだったのが幸いでした。


「後生のために参考になるビデオを」

という黒澤監督の意向を汲んで

気をてらわず、ていねいなメイキングになっていると思います。


監督が絵コンテを描く姿や、俳優の前で演技をしてみせたり、

貴重な姿がたっぷりと記録されています。

黒澤監督は

ぼくの知る限り

もっとも映画監督らしい映画監督

でした。


短い時間でしたが
同じ現場にいられて良かったと思いました。

現場には演出補佐として『ゴジラ』の本田猪四郎監督も参加していましたが、


そう想うと

『七人の侍』
『ゴジラ』
『鉄腕アトム』
という、
50年代の日本のコンテンツを代表する作品の作者を知っていたことになりますね。


いまも世界中で通用している日本の作品はこの3つです。

14:40

コメント

黒沢明監督の番組、時間があれば見て見ます。

違う話になりますが、2、3日前ですかねBShiで『アトムの世紀』と言う番組を見ました。手塚さん、出ていましたね(^∀^)ノ

アトムが目覚めるシーンには手塚さんが博士みたいにやってましたね。2003年に行われたイベントかな?

投稿者:
Dec 23, 2008 5:02:43 PM

時間がありましたらBSで見ますね(o^T^o)黒澤監督の作品はあまり見たことがありませんが黒澤監督のドキュメンタリーとかを見ると毎回すごいなーと思います。私も見習いたいです(^-^)

投稿者:
ロコ
Dec 23, 2008 11:09:31 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム