Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/12/2008

ASTRO

帰りのJALの機内食がなかなかで、

鴨胸肉のハニーロースト、フォアグラと旬野菜のケーキ仕立てに、シュリンプとホタテのマリネ。

おいしそうでしょ?

どれも悪くない味で満足。


機内では傑作と名高いジョー・ヒルの処女短編集『20世紀の幽霊たち』を読破しました。


文学系ホラーというか、

ホラー系文学というか。


こういう紹介はいけないのかもしれませんが、

ジョーはスティーブン・キングの息子で

お母さんも小説家というサラブレッド・ボーイ。


『ASTRO BOY』の仕事でぼくがハリウッドへ携えて行くのにピッタリでしょう?

俗に「ハリウッド版アトム」と噂されている『ASTRO BOY』は、

正確には香港のimagiというCGプロダクションが製作しています。


ですが、メイン・スタッフはハリウッドのオフィスで働いているし、

さまざまな国の才能がこのために集まっています。

プロデューサーのマリーアンと監督のディビッドはイギリス人だし、

撮影監督はスペイン人。


ほかにもデンマーク、メキシコ、アルゼンチン、もちろんアジアからも、

たくさんスタッフが参加しています。

国際色ゆたかですが、

それがアメリカという国なんですね。


逆に、純粋な米国人のスタッフの方が少ないかもしれません。


脚本家のティモシーは米国人だけどいまはロンドンに住んでいるし、

ぼくたち日本からの客の面倒をみてくれているエイシアは、日本生まれで母親が日本人。

ビバリーヒルズのホテルのレストランでディナーをごちそうになったとき、

エイシアは懐かしそうにまわりを眺めて

「子供の頃ここに来たとき、ちょうどケネディの暗殺があって、足止めをくらったわ」

ですって。


『プリティ・ウーマン』にも登場したこのホテルは歴史的な建物です。

残念ながらぼくが泊まっていたのはそこではありませんが。

マリーアンは屈託なくよく笑います。

『ASTRO BOY』本編の(おそらく最初の)ラフ・カットの試写

――これは日本から訪れたぼくらのためにわざわざ試写室を借りてみせてくれた――

を見ながら、

彼女は面白い場面で自分でウケて笑います。


なかなか日本では少ない光景というか、

まだ完成前の試写でプロデューサーが笑っている姿は。

試写の後、監督のディビッドに

「アトム誕生の場面は、もしかして『フランケンシュタイン』のパロディ?」

と尋ねると、彼は

「ぜんぜん意識してなかったけど」

とキョトンとして、

「だけど『フランケンシュタイン』は大好きだよ」

というので、

「アトムが動き出すのを見て、天馬博士が

Alive! It's alive!

と叫ぶのかと思った」

とぼくがふざけると、

マリーアンはケタケタと笑ってくれました。


ちなみに彼女はドリームワークで『シュレック』などのチームにいて、

ディビッドは『ウォレスとグルミット』で有名なアードマンのプロダクションで働いていた監督。


今回のプロジェクト・チームはとてもいい雰囲気で、


殺伐とした日本の現場を知っていると、

なんだかうらやましい。

日本のコンテンツがアメリカで映画化される機会が増えていますが、

この『ASTRO BOY』はかなり友好的な

というより

日本側と密ないい関係が築けたんじゃないかしら。

彼らはぼくの話をよく聞いてくれるし、

アドバイスにもきちんと対応する。


もちろんこちらは原作者側で、

契約条件があるからには違いありませんが、


日本で映画化されるときなんかは悲しいことに、

こんなにきちんと対応してくれませんからね。


日本でぼくの立場を理解して、アドバイスを真摯に受け止めてくれるのは浦沢直樹さんと長崎尚志さんの『PLUTO』チームくらい。

ハリウッドのヒトたちは日本人ほど手塚治虫に詳しくはないけれど、

日本の映画会社の人々よりも尊敬を態度と形にちゃんと表します。


それはたぶん、彼らが本当のクリエイター(映画人)だからじゃないかな。


同じ映画人の目線で、ぼくの話を聞いてくれるのは。

「これから音のプランを考えるのだけど、音楽についてはどう思う?」

とマリーアンが真剣な顔で聞いてきます。

「ディビッドはダニー・エルフマンみたいなスタイルがいいっていうけど」

「ほくもそれは賛成。ダニーは忙しくて無理かもしれないけれど」


彼らはぼくを信頼してくれていて、

いろいろ意見を聞いてくるし、

自分たちの意見もきちんと言います。


以前に来たとき、

「ニコラス・ケイジがアトムの大ファンで以前からやりたがっていたよ」

とぼくが話したら、

彼らは早速ニックに当たって、

見事声優としてゲットできたし、


アトムのキャラクターもかなり細かく修正をお願いしたら、

とても良くなったし。


本当に協力的な態度を見せてくれます。


もちろん彼らにも主張はあるし、

譲れない部分もあるだろうし、


ぼくだって彼らの考えをできるだけ理解して、

その上でアドバイスしているつもりです。


頭ごなしに良い悪いと言うんじゃなくて。

でもなにより

スタッフみんなが心からアトムを愛してくれていて、

ぼくが近寄るとみんなニコニコして、

この仕事に関われて良かった、

と言って喜んでいる。


なんか、嬉しいですよ。

インターナショナルな味付けはたっぷりなされていても、

作り手の誠意は作品に現れるんじゃないかしら。


まだまだ完成はずっと先で、


来年の夏以降ですが。

楽しみにしていてください。

01:02

コメント

お帰りなさい、手塚さん(^∀^)ノ

良かった日本でも上映されるのですね。嬉しいです。

見に行きたいと思います。

実際に手塚治虫先生が生きていたら、先生はどんな気持ちなんだろう。きっと喜んでるかな。

投稿者:
Dec 12, 2008 6:10:46 AM

主観ですが、手塚先生のアトムには子供らしい永遠の幼さと達観した心の強さを感じます。ハリウッドが描くアトムは海外アニメの先入観からか、どことなく大人びたアトムになってしまうのかしらと思ったりします。もしそうなら手塚ファンの私にとっては少しだけ残念です。何れにせよ、完成したら息子と一緒に映画館へ見に行くことになるのでしょう。楽しみにしています。
お仕事がんばってください!

投稿者:
Top-Money
Dec 13, 2008 1:55:21 AM

機内食美味しそうですねヾ(^▽^)ノ♪映画順調みたいですね(^-^)完成が楽しみです☆☆
絶対に観に行きますね(o^T^o)

投稿者:
ロコ
Dec 13, 2008 9:02:01 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム