Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/06/2008

BUNRAKU

ふと思い立ち、

文楽の公演を観に行きました。


いわゆる 人形浄瑠璃 です。


「いいご趣味ですね」と言われそうですが、


お恥ずかしい話、

実はちゃんと観るのは初めて。


部分的にみたり、映像でみたことはあったのですが、

公演には行ったことがなく

これが文楽デビューになりました。

能、狂言、歌舞伎、雅楽、舞楽、田楽、浪曲など、

伝統芸能はたまに観るのですが、

文楽だけ、なぜか抜けていて。

今回の演目は

『源平布引滝』

で、


なんのことはない

先だって海老蔵が歌舞伎で上演した、同じネタです。


同じネタを歌舞伎と文楽で見比べるのも、なかなかオツなもの。


江戸の作ですが、
成立はどちらが先だったのか、実はハッキリしていません。

浄瑠璃より先に歌舞伎の上演があったそうですが、

はたしてそれが同じ物語だったのか、

手持ちの資料ではわかりません。

いずれにしても、

日本人は人形が好きですね。


女性の仕草の色気、
男の格好よさは、

もしかしたら生身の役者以上かもしれません。

文楽の、ひとつの人形を三人が姿を見せながら操るという

あの形は独特で

世界に例がありません。

なにしろ右手と左手を別の人間が操るのです。


ここにも日本らしいフシギな「かたち」が何かありますね。


もっと観てゆこうと思いました。

13:31

コメント

私はそう言うモノは見に行きませんね。
と、言うか近くにないし、何処にあるのかわかりません。

投稿者:
Dec 6, 2008 7:02:00 PM

私も歌舞伎好きですよ〜(^O^)/
あの独特な感じがたまりませんよね♪
でも、BS放送の解説付きじゃないと物語が理解しにくいですけどね(^-^;

投稿者:
ロコ
Dec 8, 2008 10:46:28 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム