Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/21/2008

AFTER PARTY

クリスマスにひと足はやく、

ホーム・パーティを開きました。


今年は例年になくお客さまが多く、

70〜80人は来たでしょうか。


ホーム・パーティなのにクローク係がいたり、バー係がいたり(大澤くんサンキュー)、コンシェルジェがいたりと、なんか本格的なんですが、

なにしろゲスト人数がハンパじゃありません。


その場で調理してくれるケータリングを用意していたのですが、

料理もぜんぜん足りません。


やむなく家内の岡野がバタバタと料理を追加するハメとなり、

彼女はパーティの間、キッチンに立ちっぱなしでタイヘンでした。

(T_T)

バーでは氷が底をつき、いろいろ行き届かないことが起こりましたが、


そんな騒ぎも含めて、

やっぱりホームパーティはやるものです。


店などのパーティと違って、客の親密度が上がるし、

寛ろぎ感も増します。

気持ちも洗われます。

今年はKojiさんの魔法とやのさん(&ジーザス)の生テルミン演奏が場を一層フシギな空間にしてくれて、

夢のような時間になりました。

パーティの様子は何人かのブログで紹介されていますが

橋本一子さんのところが写真豊富かな。

http://ub-x.txt-nifty.com/


でも申し訳ないのですが〜

このパーティには、
特別に親しい友人や、美しいヒトや不思議なヒト、アーティストしか参加できないのです。


そんなヒトたち「だけ」が集まる場

ってないでしょう。

ちなみに集まったメンツは
(いつもながらですが)


ミュージシャン、歌手、ダンサー、モデル、写真家、振り付け師、映画作家、女優(美女)、男優(イケメン)、漫画家、イラストレーター、グラフィックアーティスト、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、ジュエリーアーティスト、切り絵アーティスト、エディター、マジシャン、催眠術師、占い師、ロボットエンジニア、プロレスラー、ジーザス・・・。

03:01

コメント

いいですね(*^▽^*)/

私も漫画家になって手塚さんとリアルで知り合いになったら読んで欲しいです。
ってこんな若者が来ると変ですかね。

投稿者:
Dec 21, 2008 1:37:16 PM

『読んで』じゃなくて『呼んで』でした間違えました。

投稿者:
Dec 21, 2008 1:39:03 PM

パーティー楽しそうですね!!(>_<)色々ハプニングもあったようですが素敵な会になって良かったですね♪私もそんなパーティーをいつかしたいです(*^_^*)☆☆

投稿者:
ロコ
Dec 23, 2008 11:02:47 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム