Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/13/2008

ANIME ANIME

いま5つのアニメーションに関わっていて

ひとつは一昨日書いた『ASTRO BOY』。

立場はコンサルタントかアドバイザーというところでしょうか。


それから avex と組んでやっている『ravex』のプロジェクト用のアニメ。

こちらは企画とプロデュースをやっていますが、

一部キャラクター・デザインやシナリオもやっています。


それから短編の『森の伝説 第二楽章』。

これは父の跡をついで監督をやっています。

いまだコンテの段階ですが、

父の跡をついで遅れています。

(>_<)


ほかに手塚治虫原作による長編劇場アニメの企画が進んでいて、

そちらはプロデューサーか監修として関わりそう。

手塚治虫とは関係ないものでは、

子供の施設のためのアニメ作りがあって、

5分程度の話をふたつ作ります。


一応監督なんですが、

制作チームがメキシコにあり、

絵コンテは描いて送ったものの、

日本でチェックを入れるという変則的なスタイルで進んでいます。

なんだか気がついたらアニメの仕事が多くなって、

子供の頃に

「マンガとアニメの仕事だけはすまい!」

と誓ったのがウソのようになってしまいました。


生まれと立場を考えれば逃れようがない運命ですけどね。

中途半端に絵が描けたりするのがまたいけません。


実はそれほどうまくないのです。


みんなは「うまいよ」というのですが

デッサンとかちゃんと勉強したわけではないし、

落書きの延長です。


もっとも、

父も自分でそういっていました。


なんでも経験を重ねればうまくなるものですが、

ぼくは毎日絵を描いているわけではないし、


監督やプロデューサーはどちらかといえば、
ペンよりも口を使う仕事で、

だから絵がうまくなることはないかもしれません。


まあしかし、

アートの領域では、
うまいからいいというものでもない。

テクニックは少しあった方が便利かもしれませんが、

むしろ何も知らない、

できないという方が

新鮮な感性で表現できるものです。

中途半端にあれこれ知ってしまっている自分は、

だからたまに知らないフリをしています。


一度おぼえたテクニックを忘れるのはなかなか難しいものですが、

幸いなことにぼくは


とっても忘れっぽい


のです。

14:55

コメント

手塚作品のアニメ、楽しみにしています。ブラックジャック以来、手塚作品のアニメは見ていないので。まぁDVDとか借りたりしています。
手塚さん頑張って下さいね。

学校の先生も言ってました、絵だけ上手くなってもダメだと。中身が大事だと。
私も今、進級するのに、漫画のお話を考えている最中です。

投稿者:
Dec 13, 2008 8:21:15 PM

たくさんお仕事してますね!(゚o゚)倒れないように気をつけて下さいね(^-^)そろそろインフルエンザの時期なので予防、頑張って下さい☆☆

投稿者:
ロコ
Dec 13, 2008 9:15:26 PM

2度めの書き込みです。足の怪我もほぼ完治しました☆
私自身の勝手な思い込みなのですが、治虫さんとも眞さんとも運命のようなものを感じてしまいます。
先日エイベックスの方からブラックジャック21のDVDを譲っていただきちょうどみていたところなんです。また何か新しい企画をなさってるんですね!楽しみにしています!
今は就活まっただ中で大変な時期なのですが、いつか眞さんと一緒にお仕事をしたいです。私も絵は上手くないのですが描くのは大好きです。それでいいんです。描けるのが幸せだから。眞さんもきっと幸せなんですよね☆

投稿者:
そら
Dec 16, 2008 1:40:05 AM

ロスに在住の日本人です。元旦にテレビジャパンでNHKスペシャル”激論2009世界はどこへそして日本は”を見てたら、後半グローバル化の部分で日本のアニメ”アストロボーイ”の映画化の話が少し出ました。そこで企画当初のアトムの3Dの絵を見て、ショックでしたが、色々討議の結果、よりオリジナルに近い顔に収まったと見せてくれ、日本サイドの皆様の熱意が通じた事に安堵しました。全く違った環境、世界に向けて...となるとあらゆる視点でどう方向つけるかがとても難しいと思います。私は日本人ですが、こちらでの生活が日本より長くなり、子供はこちら生まれで、グローバリゼーションとかアイデンティティーとかの問題にとても自分でも敏感になっていると思います。若いときはアメリカに強くあこがれを抱きました。今は日本の芸術、文化に脱帽です。長くなりましたが、グローバル化とは平たく皆に理解して頂くというのでは、色々な枝葉が切り落とされて、気が付いたら大切な部分も切り落としてしまったと...という事になりかねないと思います。それよりはオリジナルの良さをどうしたら理解してもらえるかにエネルギーを注ぐとこが相互の理解をより深める事に繋がり、すなわち異文化を知る事で、さらに世界が大きく広がる、これがグローバル化だと思います。
私はロスのエンターテイメント業界でフリーランスデザイナーとしてグラフイック、パッケージングデザインを約10年やっています。手塚さんのご活躍は偶然このブログで知り、いきなりコメント....でした。2009年の新たなチャレンジまたご活躍を陰ながら応援させて頂きます。

投稿者:
yumi
Jan 4, 2009 3:16:31 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム