Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/25/2009

N H K

ここ数日、ずっとNHKに通っているわけです。

毎日番組の収録をしていると、まるでタレントのようです。


レギュラーの『サイエンスZERO』ではありません。

詳しくはまた放送前に書きますが、

2月8日から5日連続の番組に毎日出演なんです。

そういえばNHKに出ることが多いですね。

他の局を嫌ってるとかじゃありません。

たまたまNHKに呼ばれることが多いというだけで、

こちらで選んでいるわけではないです。

思い起こせばテレビ・デビューは小学生の頃。

それは民放で、父と一緒でした。

しかも怪獣映画のパブ番組。


子供のくせに、映画のコメンテーター ってわけです。

ウチは父がよくメディア出演していたから、

テレビが珍しいことでもなく、


当たり前のように出ていましたね。


そりゃ、アニメとはいえ番組作りの裏側を見て育った人間ですから。


大学生にもなれば自分でもすでに映画監督をしていたので、テレビ出演の回数も増えて、

バラエティ番組にレギュラー枠も持っていて、

毎週のように局に通っていたし、


タレントなみにファンレターがたくさん届いたり、


ただ出るというより制作にも携わっていたので、

むしろスタッフ扱いというか。

おかげでテレビの表もウラも、若い頃に知ることができて

いろんな意味で勉強になりました。

同じ映像メディアでも
テレビと映画は違います。


正反対。


映画は、ウソを真実のように見せるメディアです。


観客は映画の出来事はフィクションだとわかっていながら、

登場人物に感情移入したり、

ハラハラ、ドキドキ、緊張したりしながら観ています。


ウソと知って受け入れている。


ここにはメディアと観客との共犯関係が成立しています。

ところがテレビ、それもドラマ以外では、

本当のことをフィクションのように面白おかしく演出してしまう。


楽しむための効果なんだと言われればそうなんですが、

問題は、視聴者がそのウソをなかなか見抜けないところです。

共犯どころか、完全に騙されている。

たとえば、バラエティ番組に入る笑い声や拍手。


実際に番組を客に見せている場合もありますが、

それでも笑い声や拍手は後で音響効果のスタッフによって「足され」ます。


すると、そんなに面白くない話でも、観ていておかしく感じるものです。


そんな風に
起きていることは事実でも、

誇張されたり、内容が歪められたりする。

「ヤラセ」の問題もそうですね。

でもそれがテレビの世界では常識なんです。

問題は、そうした効果そのものではなくて、テレビ業界の方々が、視聴者が知らずに騙されるということに無自覚になっていることなんです。

もちろん、すべてのテレビ番組がそうだとはいいません。

中には事実を実直に伝えている場合もあるでしょう。


しかし、どれがそうなのか、玄人にもなかなか見抜けないものです。

正当的に見える記録番組にも演出的なウソはありますからね。

ぼくはテレビでなかなかウソがつけない人間で、

自分が感動していないものを

「感動的ですね〜」

とコメントできないんです。


扱いにくいコメンテーターかもしれません。

トーク番組では、司会者とゲストが息を合わせることが必要で、

それは決して「意見を合わせる」というなれあいではなく、

話の駆け引き、1本の番組の中での会話バランス、そんなことが大事で、

それを特に意識することなく、ある程度アドリブでできたら一番理想的かもしれません。


そこには静かな闘いもあるのです。

そこが面白いですね、テレビは。


それを観るのも。

20:58

コメント

ラジオで言ってた事ですね。

絶対みます。漫画界の巨匠の番組は見逃せません。

そう言えば、大胆マップの番組でアニメ特集をしていましたが、鉄腕アトムの幻のアニメフィルムがあったとは知りませんでした。他の漫画家さんも描いていたんですね。

見れて光栄でした。

投稿者:
Jan 26, 2009 5:45:30 AM

テレビってそんな見方があったんですね。。
知らなかった~~~。

次にテレビを見るときは、少し意識して見てみようかなと思います♪

投稿者:
メジャー投資
Jan 28, 2009 2:49:20 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム