Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/16/2009

CROW

木の上のカラスに話しかけながら歩いていたら、

道路に空いた穴に足を取られて転びそうになった。


まるでマヌケの見本のような有り様。

昨年暮れに、同じところでカラスと会話したんですよ。


風が冷たい朝で、そのカラスは道際のブロック塀の上で、凍えていたんですね。

強い風にあおられて、ぼくが近づいたのにも気づかない様子。


「おはよう」

と声をかけると

つい頭をピョコピョコ下げながら

「グワッ、グワッ」

と答えた。


それがどう見ても挨拶なんですね。


そのカラスは近所でよく見かける奴で、

羽が1本ヘンな方向に突き出ているからすぐにわかる。

あの羽は、自分で取ろうと思えば取れるはずなので、

きっとオシャレのつもりでそのままにしているのでしょう。

賢いカラスだと見受けている。

ムカシ、夢に大きなカラスが現れて、
動物と話す方法を伝授してくれた。

それが実にカンタンなことで、

そうか、気がつかなかった!

と感嘆していたら眼がさめて、

さめたらその方法を忘れてしまった。

最近想っているのは、
動物と話すときもとりあえず日本語でふつうに話しかけようと。


相手に合わせたつもりで

「カアカア」

なんて鳴いてみせても、バカにされるだけだろうと。


ネコに「ニャアニャア」言ったり、犬を見ると口を鳴らしたり口笛ふいたりするのも。


いや、犬やネコはいいか。

ヒトに合わせてくれるから。

コウモリとは話すのか
って?


ウチの奴らは話しませんね。


ヒトに合わせてたまるか、

と突っ張ってるから。

でも、それがかわいい。


本当はこちらの言うこと、わかってるくせに。

04:17

コメント

思わず文章をみてクスッとなりました(笑)

本当に漫画の世界みたいですね。


投稿者:
Jan 16, 2009 6:00:15 AM

僕もカラスと目があうと挨拶する派なんですけど、白目の部分(瞼ではなく)がチラッと見えるとクリクリのマンガ目になるんですよね、カラスって。けっこうかわいい顔してるんですよ~!(笑)

投稿者:
雲名
Jan 19, 2009 1:47:08 AM

あ、はじめまして・・です。^^

投稿者:
雲名
Jan 19, 2009 1:52:29 AM

私もハトに小さい声ですが話しかけますよWw
「太ってるなー」とか「可愛いな」という感じです☆犬や鳥類はたまらなく可愛いですね(^o^)♪
特に太ったのは可愛いですが健康には良くないですね(^^;)
動物と話が出来る映画ありましたよね。たしかDr.ドリトルでしたっけ?(・・)
私も動物と話が出来たら嬉しいですが意外と悪口も言われそうなのでやはり今のままでもいいかもしれません(^-^)
それでは、お仕事頑張って下さい☆☆

投稿者:
ロコ
Jan 21, 2009 9:41:31 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム