Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/07/2009

BEGINING

今から30年ほど前。


当時高校生だったぼくは、学校のサークルで初めて映画(らしきもの)を作りました。


1時間ちかい大作で、主人公が7、8人もいる群像劇。

スタッフや出演者はもちろん同じサークルの高校生。

当然、ほとんどが映画初体験という素人たち。


サークルの会議でぼくの企画が通り、それで映画化が決まったのでした。


脚本を何度も書き直し、

意味もわからず絵コンテを描き、

夏休みを使って何度も撮影をしました。

素人とはいえ、ぼくは小学校の頃からずっと映画作りを夢みていて、


そもそも子供の頃から映画が大スキだったので、


これでやっと夢が叶ったわけです。

なぜマンガじゃなくて映画を?

と、よく尋ねられるんですが

マンガやアニメは父の仕事で、家業なんです。

たとえば魚屋とか左官屋なんかと同じで。


家で見慣れたマンガやアニメよりも、実写の映画やドラマの方がぼくには魅力的だったから。

こうして華々しく映画デビューを


飾るはずだったんです。


が・・・。

頭で考えるのと実際にやってみるとではまったく違いました。


いくら撮影しても思ったようにできない。


脚本はクレームつけられる、

役者は(高校生だから当然ですが)うまく演技できない。

技術はヘタクソ。

天気も味方してくれません。


スタッフ同士でモメている。

ひとりでコツコツ編集したものの、
散々な出来です。


心得ある同級生やバンドをやっていた先輩たちがオリジナルの音楽をつけてくれましたが、

処女作となるその映画(らしきもの)は、

まったく思惑からズレたような、
できそこないの、
大失敗作になってしまいました。

こんなハズじゃなかった。

恥ずかしい、逃げたい。

なかったことにしたい。


しかし、秋の学園祭で上映が決まっていたのでいまさら逃げられない。


気が重く、げんなりしながら上映したのですが、

すると。

そこで奇跡が起きました。

観客にウケたのです。


2日間で6回上映したのですが、
回を追うごとに客の数は増え、

しまいには列をなして立ち見になり、
会場からあふれてしまいました。


彼らは拍手喝采、

大失敗作を楽しんでくれている。


同じ学校の中だけじゃなく、
遠くから大学生まで見に来てくれて。


人生最悪の日になるはずだったのに。


最高の日になってしまいました。


それ以来。

30年にわたって、あらゆる映像に関わって生きています。


劇映画以外にもドキュメンタリーや文化映画、
テレビ番組やVシネマ、
実験映画やインスタレーション、

CMやらPVやら、
環境映像から企業VP、
アニメやらCGやらCD‐ROMやら、
ステージ映像やVJもやりました。

でも、いまでも1番好きなのは映画。


映画館で上映する映画です。

高校生のときから、寝ているとき以外はずっと映画のことを考えてきました。


30年間。


時間にすると、およそ18万時間。

だからフツウのヒトより、少しは映画に敏感です。

専門的に映画を観たり考えたりします。

映画を観るときも、
お話や俳優にも気を留めますが、
映画としての成り立ちや演出で観ます。

自分の映画を思い返して、


これまでどの映画が評判がよかったか、

どの作品が自分でも満足しているか、

ふと考えてみると、


案外それは、
あまり人の意見に耳を貸さず、作りたいものを好き勝手にやったときのものなんですね。

逆に、周りを意識したり気にしたり、
ヒトの意見を聞きすぎたときは、

よくいえばおとなしくフツウの出来、

どうも没個性の作品に仕上がって、
結局はたいして評判にもならない。

これは性格によるものですが、ぼくの欠点です。

周囲に合わせようとしすぎることが。


協調性と作品の内容は別のモノなんです。


だから初心に返った映画作りとは、


自由奔放にやりたいことをやる、

誰が何と言おうと。

これに尽きます。

そんな映画作りをこれからもしていこうと。


A F Q :

映像作りと文章を書くことはどう違うか、

という質問ですが

ケース・バイ・ケースですね。

文章でなければ表現不可能なこともあるし、

映像の方が雄弁な場合もあります。

物語だけでいえば、
ぼくが小説を書く場合はあまり映像を意識しません。
もちろん少しはヴィジョンを想い描きますが、
自分で書いた小説を自分で映画化したいとは思いませんね。

逆に、映画のシナリオを書くときは小説のように思い浮かべることはありません。

また別のアタマが働くようです。


『ブラックキス』には元ネタがあるのです。
それは自分が以前に書いた小説なんですね。
「ファントム・パーティ」という本に収録された『密室の悪魔』という短編。
同じキャラクターが登場したりします。

ですが、原作にはしていないのです。
まったく別の物語なんです。


ところで
映像に美しさが感じられるように、
美しい文章とか、
美しいことばはあります。

ぼくは浅学でボキャブラリーがないから、美しい文章が書けないだけなんです。

そのかわりに映画を作ります。

もしぼくが美しい文章を書ける力があれば、
また映像とは違う世界を表現するでしょうね。

ところで質問の返事は一度にできないかもしれません。

おいおい、少しずつしますね。

I N F O :

長野の下諏訪で講演をします。

1月31日です。

詳細は追ってまたお知らせします。

12:47

コメント

ラジオ聞きましたよ(*^▽^*)/

って最初からではありませんが、私のラジオ…なんとアナログ式でNHKにするのに時間がかかりまして(汗)機械類はどうも苦手。

でも最後まで聞かせて頂きました。

手塚治虫先生がどんな人なのかも少しわかりました。

投稿者:
Jan 7, 2009 2:07:05 PM

ご回答ありがとうございます。言葉や文章を専門とする者として非常に参考になりました。

言葉でも映像でも表現は限られているのかもしれませんが、個性が出た時、唯一無二の美しさが伝わる気がします。

そして人々が手塚さんの映画やヴィジュアルに魅了されるのは強烈な個性があるからだと思います。
手塚さんを見習って、自分の個性を周りの人間に左右されすぎず磨きたいと思います。

投稿者:
ピエトロ
Jan 7, 2009 5:02:07 PM

映画はやはり奥深いですね!(゚o゚)大失敗が成功へと繋がるとはすごいことですね!私も大失敗が成功に繋がらないかな…(^^;)
私が最近、見た映画は実写ではないですがウォーリーです♪とっても面白かったです(^O^)v♪
また見たいくらいです☆☆

投稿者:
ロコ
Jan 9, 2009 3:06:23 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム