Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/04/2009

2 0 0 9

新年おめでとうございます。

正月三日はブログ休みました。

元旦から更新する方も多いようですが

年始からブログ書いたりネットを見たりするのは粋じゃないと想ったので。


テレビもみないし、新聞はこの三日間ろくな記事がなかったので、
ほぼ情報をシャットアウトした状態で小気味よかった。

とにかく今年はマイペースで行こうかと。


なんといっても、「 年 男 」です。

ぼくは丑年。

だからのんびりやろうと、


いや、ロハスじゃないんだから。


あまり牛らしいところはないなあ。

のんびりどころか、ふだんはせっかちだし、
忍耐強いところはあるけど、

牛 だから我慢強い ってワケでもないだろうし、

ああ、
ステーキ好きかな。

って、食べちゃしょうがないですね。

共食い。


そもそも

丑年だから 牛

というのはなぜなんでしょう。


干支は古い中国の単位で、

十干と十二支を組み合わせたもの。


十干とは木火土金水の五行を、「兄(え)」と「弟(と)」の、陽の気と陰の気に分けたもので、

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸、 とあります。


これに十二支を組み合わせれば全部で60の単位になります。

一種の12進法ですね。

陰陽道はこれを年数や時刻、方位などにあてて使います。

丑寅の方向、とか 丑三ツ時といいますね。

そこで正確にいえば丑年といっても

今年は「己丑(つちのとうし)」で、

これは60年に一度巡ってくる暦です。


生まれて60年ひとめぐりすると 「還暦」 となるわけです。


ぼくが生まれたのは「辛丑(かのとうし)」の年で、

これは12年後にまた巡ってきます。

なんでこんな話になったかといえば、

年始に家族が集まって団らんしていたときに、

阿部寛似の妹の旦那が

「今年は年男だからお兄さんと同じ」

というので、

彼がぼくよりひとまわり若いことが判明し、

というより実感し、

ガクゼン としたからです。


故吉野裕子さんの本によれば、

「丑」とは「紐」であって

絡む という意味であり、


季節でいえば年末の月で、

古くは12月のことを「丑月」という。


萌芽が種子の中で絡んでいる様

なのだそうで

やがて至る春の予感を秘めた月という。


それが何故、モウモウの「うし」になってしまったのかは

未だ調査中です。


なにしろ古代中国人の考えたことですからね。

あるいは子供に教えるためにわかりやすくキャラクター化しただけかもしれません。

まあそんなワケで12年が巡って生まれた暦に近づいた今年は、


初心に返る


をテーマにいこうかと。

ぼくの場合、初心というのはもちろん

「 映 画 」

なのですが。


初心といっても、野卑になるわけではなくて、

むしろ裏テーマとしては


「 洗 練 」


を目指そうと。


英語では

Sophisticate

になるわけですが。

とにかく人間、成長するにしても限度があるし、

そう簡単に成熟できるものでもありません。


特に男性はね。

子供の頃に精神的な成長が止まる輩も多いかと。


女性は、

ぼくの知る限りですが

何回も脱皮して成長し続けていきますね。

男は

少年 → 男

とコレだけ、

単純ですが、


女性は

少女 → 女 → 女性 → 母 → ?

などと移り変わる。


趣味趣向が変わり、

好きな食べ物なんかも変わる。


男性の好き嫌いはおそらく一生もので、

成長がないかわりに、

洗練させるしかないのだろうと。

だから新しく生まれ変わる今年こそ、

初心を洗練させねば

と想っているのです。


なにを?

って、とりあえずはだから

映画じゃないですかね。


詳しくはまた次回に。


I N F O :

インフォメーションのコーナーです。


年始早々ラジオに出ます。しかも生番組です。

1月7日 水曜日 午前10時頃から

NHKラジオ第一放送
「ラジオ・ビタミン」 ときめきインタビュー

番組内でメールやファックスも受け付けます。

現在、リクエスト曲を何にしようか思案中。


R M D :

推薦コーナーも新設しました。

お気に入りの映画や音楽、

友人知人のコンテンツ

などを取り上げます。

A F Q :

そして今年の『6D』ではコメントにて質問を受け付けます。

お答は質問を寄せた方に直接せず、この「Answer for the Question」で答えます。


本年もどうぞよろしくお願いします。

17:05

コメント

あけましておめでとうございます。

私の父も手塚さんと同じ歳で丑年です。誕生日も10日違いで8月生まれなんですよ。手塚さんは父より少し年上となります。

ラジオに出られるんですかっ(*^▽^*)

絶対聞きますよ~!!楽しみにしています。
手塚さんに質問…、いろいろと聞きたい事がいっぱいありますね。

では、手塚さんの父、手塚治虫先生と過ごして1番の思い出はなんですか?

投稿者:
Jan 5, 2009 12:28:47 AM

あけましておめでとうございます。今年も頑張って下さい。

ヴィジュアリストである手塚さんに質問があります。手塚さんの考える文章表現と映像表現の違いは何でしょうか?それぞれに長所や短所があるのでしょうか。
『ブラックキス』を観たとき「文章や言葉では、どうあがいても映像よりも美しく壮大な世界を作ることができないのではないか」と思ってしまいました。

ヴィジュアリストであり、文才もある手塚さんなら違いをお知りかと思い、質問しました。
教えて頂ければ幸いです。

投稿者:
ピエトロ
Jan 5, 2009 1:12:14 AM

眞さんは丑年なんですね(・∀・)牛さんの着ぐるみを着て欲しいですWw
洗練って何かカッコイイですね♪私も心や気持ちを洗練したいです(o^T^o)♪
質問OKみたいなので質問します(^-^)
髪の毛の色を白くしているのは何かこだわりがあるのですか?(?_?)
見ていて素敵です♪(*^_^*)

投稿者:
ロコ
Jan 6, 2009 10:24:42 AM

父が手塚さんと同じというコメントをみてガクゼンとしてしまいました(笑)

ちなみに私の妹は手塚さんの義弟さんと同じ年です・・。

投稿者:
ナツロウ
Jan 13, 2009 6:58:52 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム